検査結果は「軽度の炎症」…ダル“故障者リスト入り”の波紋

公開日: 更新日:

「大したことないんだろうとは思いましたよ」

 古巣・日本ハムの球団関係者がこう言った。

 レンジャーズのダルビッシュ(27)が、右肘の炎症で15日間の故障者リスト入り。本人が軽いものと強調した通り、MRI検査の結果も「軽度の炎症」だったことを受けてだ。

「なにしろダルは痛みや故障に関しては、異常なほど神経質ですから」と前出の関係者がこう続ける。

「はっきりと痛みを訴えるわけじゃない。これ以上、投げたらヤバいと自分で察知できるのかどうか、痛みの一歩手前でムリをしたくないと訴えてくることが多かった。厳密に言えば痛みがあるわけではないので、どこがどうおかしいのかサッパリ分からないと首脳陣がクビをひねっていたのは事実です」

 ダルが自分の体に人一倍ナーバスなのは少年野球のころからだ。少しでも違和感があれば、公式戦だろうとお構いなし。東北高2年の夏の甲子園では初戦の初回に147キロをマーク。しかし、続く二回、腰が万全ではないと言って降板した。監督に「代わるか」と聞かれ、二つ返事でマウンドを降りたことに周囲のナインは「甲子園の初戦だろ? フツーは痛くてもいけますと言うだろ」と引っくり返りそうなくらい仰天した。チームの状況や置かれた立場より、とにかく自分の体の状態が最優先。投げたくないと思ったら、だれがなんと言おうと投げないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  2. 2

    正気か? 菅首相いきなり「国民皆保険見直し」示唆の真意

  3. 3

    レッドブル「くたばれ、正論。」面倒くさいけど添削しとく

  4. 4

    「ゴゴスマ」が大躍進!コロナで報道・情報番組に続く異変

  5. 5

    最良の対策は総辞職 うまい話のつまみ食いは賢者になれぬ

  6. 6

    大泉洋の“大暴走”NHK紅白司会に割れる評価…再登板なしか

  7. 7

    FBI警告 トランプ支持派が蜂起「1.16」全米に血の雨が降る

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    桑田真澄氏が巨人コーチに 原監督との恩讐越え入閣の仰天

  10. 10

    巨人次期監督争い 桑田vs阿部“万事正反対”で火花バチバチ

もっと見る