検査結果は「軽度の炎症」…ダル“故障者リスト入り”の波紋

公開日:  更新日:

「大したことないんだろうとは思いましたよ」

 古巣・日本ハムの球団関係者がこう言った。

 レンジャーズのダルビッシュ(27)が、右肘の炎症で15日間の故障者リスト入り。本人が軽いものと強調した通り、MRI検査の結果も「軽度の炎症」だったことを受けてだ。

「なにしろダルは痛みや故障に関しては、異常なほど神経質ですから」と前出の関係者がこう続ける。

「はっきりと痛みを訴えるわけじゃない。これ以上、投げたらヤバいと自分で察知できるのかどうか、痛みの一歩手前でムリをしたくないと訴えてくることが多かった。厳密に言えば痛みがあるわけではないので、どこがどうおかしいのかサッパリ分からないと首脳陣がクビをひねっていたのは事実です」

 ダルが自分の体に人一倍ナーバスなのは少年野球のころからだ。少しでも違和感があれば、公式戦だろうとお構いなし。東北高2年の夏の甲子園では初戦の初回に147キロをマーク。しかし、続く二回、腰が万全ではないと言って降板した。監督に「代わるか」と聞かれ、二つ返事でマウンドを降りたことに周囲のナインは「甲子園の初戦だろ? フツーは痛くてもいけますと言うだろ」と引っくり返りそうなくらい仰天した。チームの状況や置かれた立場より、とにかく自分の体の状態が最優先。投げたくないと思ったら、だれがなんと言おうと投げないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る