ヤ軍vsダ軍 マエケン争奪で始まった因縁の第2ラウンド

公開日: 更新日:

 リーグ戦が再開された27日、広島前田健太(26)がDeNA相手に7回3安打無失点の好投で7勝目を挙げた。この試合以上にヒートアップしていたのがハマスタのネット裏だ。

 試合前、グラウンドには広島の野村監督、バリントンと談笑する白人男性がいた。昨年まで楽天でプレーし、現在はヤンキースのプロスカウトを務めるダックワース氏だ。今オフ、入札制度でメジャー移籍を目指しているマエケンの情報を収集していたであろうヤンキーススカウトの姿を、バックネット裏では元広島監督でナショナルズのスカウトのマーティー・ブラウン氏や、ダイヤモンドバックスの環太平洋担当のマック林氏らが見つめているといったアンバイだったのだ。

■マー君獲得で最後までバトル

「今オフ、この前田を巡って、田中将大争奪戦の再戦が繰り広げられるだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る