ヤ軍vsダ軍 マエケン争奪で始まった因縁の第2ラウンド

公開日: 更新日:

 リーグ戦が再開された27日、広島の前田健太(26)がDeNA相手に7回3安打無失点の好投で7勝目を挙げた。この試合以上にヒートアップしていたのがハマスタのネット裏だ。

 試合前、グラウンドには広島の野村監督、バリントンと談笑する白人男性がいた。昨年まで楽天でプレーし、現在はヤンキースのプロスカウトを務めるダックワース氏だ。今オフ、入札制度でメジャー移籍を目指しているマエケンの情報を収集していたであろうヤンキーススカウトの姿を、バックネット裏では元広島監督でナショナルズのスカウトのマーティー・ブラウン氏や、ダイヤモンドバックスの環太平洋担当のマック林氏らが見つめているといったアンバイだったのだ。

■マー君獲得で最後までバトル

「今オフ、この前田を巡って、田中将大争奪戦の再戦が繰り広げられるだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る