ヤ軍vsダ軍 マエケン争奪で始まった因縁の第2ラウンド

公開日:  更新日:

 リーグ戦が再開された27日、広島の前田健太(26)がDeNA相手に7回3安打無失点の好投で7勝目を挙げた。この試合以上にヒートアップしていたのがハマスタのネット裏だ。

 試合前、グラウンドには広島の野村監督、バリントンと談笑する白人男性がいた。昨年まで楽天でプレーし、現在はヤンキースのプロスカウトを務めるダックワース氏だ。今オフ、入札制度でメジャー移籍を目指しているマエケンの情報を収集していたであろうヤンキーススカウトの姿を、バックネット裏では元広島監督でナショナルズのスカウトのマーティー・ブラウン氏や、ダイヤモンドバックスの環太平洋担当のマック林氏らが見つめているといったアンバイだったのだ。

■マー君獲得で最後までバトル

「今オフ、この前田を巡って、田中将大争奪戦の再戦が繰り広げられるだろう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る