バックスクリーン弾の広島・菊池 「飛ばしの秘訣」自ら解説

公開日:  更新日:

 広島の菊池涼介(24)が攻守で活躍し、チームを快勝に導いた。

 打っては1点を追う三回1死一、三塁で高めの変化球を捉えると、自身「初」というバックスクリーンにブチ込む逆転3ラン。この回一挙7点を奪う呼び水となった。

 守っては6点リードの四回2死二、三塁のピンチで、中日・松井雅の一、二塁間への安打性の打球をダイビングキャッチ。すぐさま起き上がると、一塁へ矢のような送球でピンチを救った。野村監督は試合後、「本塁打で点を取るのはいいことだけど、その後の菊池のファインプレー。今日一番のビッグプレーだった」と繰り返し、超美技を称賛した。

 171センチ、69キロ。プロ野球の世界では小柄な方だ。ウエートトレーニングをガンガンやっているかというと、「しなやかさが消えてしまうので、あまりやらない」と言う。打球を飛ばせるのはなぜか。打ち方と強靭過ぎる下半身にポイントがあった。菊池がこう言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

もっと見る