11度目で夏初出場 二松学舎大付・市原監督の「苦節18年」

公開日: 更新日:

 20日登場の二松学舎大付(東東京)は夏初出場。東東京予選では過去に10回も決勝で敗れ、11度目の挑戦で甲子園切符をつかみ取った。82年センバツの準優勝投手で二松学舎OBの市原勝人監督(49)は96年に就任。98年に帝京に負けてから5回の決勝敗退を経験している。その市原監督に話を聞いた。

――11度目の正直ですが、いろいろと苦労もあったのでは。

「就任5年目に決勝まで進み、6年目の02年、8年目の04年にセンバツに出場しました。当時は順調に来ていると思ったし、甲子園はすぐ近くにあるものだという意識はありました。自分自身も肩肘張ってやっていたんですが、そこからが遠かったという」

――02年から3年連続決勝で敗退、13年も勝てませんでした。

「決勝に多く出ると、周囲のこちらを見るハードルが高くなる。今回も決勝まで行ったのにダメだった。期待させておいて最後に落とすというか。まあ、激戦の東京で決勝まで行っているんですけどねぇ。だからヤセ我慢するのはやめようと思って。力みが取れてきたことも今回勝てた理由のひとつかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  7. 7

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  8. 8

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る