11度目で夏初出場 二松学舎大付・市原監督の「苦節18年」

公開日:  更新日:

 20日登場の二松学舎大付(東東京)は夏初出場。東東京予選では過去に10回も決勝で敗れ、11度目の挑戦で甲子園切符をつかみ取った。82年センバツの準優勝投手で二松学舎OBの市原勝人監督(49)は96年に就任。98年に帝京に負けてから5回の決勝敗退を経験している。その市原監督に話を聞いた。

――11度目の正直ですが、いろいろと苦労もあったのでは。

「就任5年目に決勝まで進み、6年目の02年、8年目の04年にセンバツに出場しました。当時は順調に来ていると思ったし、甲子園はすぐ近くにあるものだという意識はありました。自分自身も肩肘張ってやっていたんですが、そこからが遠かったという」

――02年から3年連続決勝で敗退、13年も勝てませんでした。

「決勝に多く出ると、周囲のこちらを見るハードルが高くなる。今回も決勝まで行ったのにダメだった。期待させておいて最後に落とすというか。まあ、激戦の東京で決勝まで行っているんですけどねぇ。だからヤセ我慢するのはやめようと思って。力みが取れてきたことも今回勝てた理由のひとつかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る