日大鶴ケ丘・萩生田監督に聞いた“職業監督”の収入、苦労

公開日:  更新日:

 9日登場する日大鶴ケ丘(西東京)の萩生田博美監督(41)は学校職員。いわゆる「職業監督」だ。23歳で監督に就任、今年で17年目を迎える。職業監督としての苦労や収入などを聞いた。

――23歳という若さで監督になった。どういう経緯で引き受けたのですか?

「当時僕は日大の文理学部数学科の5年生でした。野球に没頭して留年してしまったので、その間日大のコーチをやっていた。そんな時に、日大鶴ケ丘の監督さんが辞めることになって、当時の日大の鈴木博識監督から、『ニッツルへ行け』と」

――職業監督ですし、成績が伴わなければ「辞めろ」と突き上げを食らうこともあるでしょう。プレッシャーはないんですか?

「僕に関しては『辞めろ』と言われたことはありません。中には『萩生田を辞めさせて俺がやる』というOBの方もいるでしょうけど……(苦笑い)。負ければヤジは食らうし、02年に決勝で桜美林に負けた時は、采配への注文など、強烈な“叱咤激励”のお手紙を多数頂戴しました。ただ、学校によって監督に求めるものがあるのではないかと。『絶対に甲子園』という学校もありますが、ウチの場合は予選でベスト8に行って神宮で戦って、テレビ中継されれば『○』、甲子園に行けば『◎』という方がいるのも実情です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る