• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日大鶴ケ丘・萩生田監督に聞いた“職業監督”の収入、苦労

 9日登場する日大鶴ケ丘(西東京)の萩生田博美監督(41)は学校職員。いわゆる「職業監督」だ。23歳で監督に就任、今年で17年目を迎える。職業監督としての苦労や収入などを聞いた。

――23歳という若さで監督になった。どういう経緯で引き受けたのですか?

「当時僕は日大の文理学部数学科の5年生でした。野球に没頭して留年してしまったので、その間日大のコーチをやっていた。そんな時に、日大鶴ケ丘の監督さんが辞めることになって、当時の日大の鈴木博識監督から、『ニッツルへ行け』と」

――職業監督ですし、成績が伴わなければ「辞めろ」と突き上げを食らうこともあるでしょう。プレッシャーはないんですか?

「僕に関しては『辞めろ』と言われたことはありません。中には『萩生田を辞めさせて俺がやる』というOBの方もいるでしょうけど……(苦笑い)。負ければヤジは食らうし、02年に決勝で桜美林に負けた時は、采配への注文など、強烈な“叱咤激励”のお手紙を多数頂戴しました。ただ、学校によって監督に求めるものがあるのではないかと。『絶対に甲子園』という学校もありますが、ウチの場合は予選でベスト8に行って神宮で戦って、テレビ中継されれば『○』、甲子園に行けば『◎』という方がいるのも実情です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る