11度目で夏初出場 二松学舎大付・市原監督の「苦節18年」

公開日: 更新日:

――ゲンかつぎとか、おはらいとかは?

「心配した仲間から『いい先生がいるから、一回占ってもらったらどうだ』と紹介され、台湾人の占いの先生に見てもらったこともあります。年に何度か日本にやってくる方で……。勝てるんだったらと思って、自分の誕生日などのデータをまとめて見てもらいました。『今年は運気が悪いので注意した方がいい』とか、『これから運気はうなぎ上りです』という感じだったですね。ただ、個人的には、何かに頼ったりすがったりするのは勝負師としてどうかと思いまして、ゲンかつぎやおはらいはあまりやっていなかったですね」

■決勝で負けて頭が真っ白に、部員の名前が出てこない

――思い出したくない出来事はありますか?

「そうですねぇ。03年ですかね、後に横浜ベイスターズに入った小杉陽太がエースだったんですが、雪谷との決勝に0-5で完封負けした。その時はさすがにショックで、頭が真っ白になりました。今だから言えますが、決勝に進んだ時に『もらった!』と思ったところもあった。学校も父兄も優勝報告会のつもりでいたのが残念会になってしまって……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る