日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

南社長の期待にやっと応えられるか 阪神・伊藤隼太の正念場

「今の南さんは優勝争いより、後輩の活躍の方がうれしいんじゃないの」とは、ある阪神OBの弁だ。このOBが言う「南さん」とは、阪神の南信男球団社長。「後輩」とは、南社長の母校・慶大出身の伊藤隼太のこと。

 11年ドラフト1位の伊藤は、昨年までの2年間は鳴かず飛ばず。「強打の外野手」も看板に偽りありと、ファンの目も厳しかった。

 その伊藤は7月1日に今季初めて一軍登録されたものの、同月は11試合しか出番がなく、20打数5安打(打率.250)。7月下旬に大和が故障し、8月は中堅や右翼のスタメンで起用されている。

 すると、人が変わったように打ち出し、この日も初回の2死二、三塁の好機に右前適時打を放ち、4試合連続安打。8月はここまで13試合で43打数17安打。4割近い打率(.395)を残している。

 前出のOBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事