南社長の期待にやっと応えられるか 阪神・伊藤隼太の正念場

公開日:  更新日:

「今の南さんは優勝争いより、後輩の活躍の方がうれしいんじゃないの」とは、ある阪神OBの弁だ。このOBが言う「南さん」とは、阪神の南信男球団社長。「後輩」とは、南社長の母校・慶大出身の伊藤隼太のこと。

 11年ドラフト1位の伊藤は、昨年までの2年間は鳴かず飛ばず。「強打の外野手」も看板に偽りありと、ファンの目も厳しかった。

 その伊藤は7月1日に今季初めて一軍登録されたものの、同月は11試合しか出番がなく、20打数5安打(打率.250)。7月下旬に大和が故障し、8月は中堅や右翼のスタメンで起用されている。

 すると、人が変わったように打ち出し、この日も初回の2死二、三塁の好機に右前適時打を放ち、4試合連続安打。8月はここまで13試合で43打数17安打。4割近い打率(.395)を残している。

 前出のOBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る