南社長の期待にやっと応えられるか 阪神・伊藤隼太の正念場

公開日: 更新日:

「今の南さんは優勝争いより、後輩の活躍の方がうれしいんじゃないの」とは、ある阪神OBの弁だ。このOBが言う「南さん」とは、阪神の南信男球団社長。「後輩」とは、南社長の母校・慶大出身の伊藤隼太のこと。

 11年ドラフト1位の伊藤は、昨年までの2年間は鳴かず飛ばず。「強打の外野手」も看板に偽りありと、ファンの目も厳しかった。

 その伊藤は7月1日に今季初めて一軍登録されたものの、同月は11試合しか出番がなく、20打数5安打(打率.250)。7月下旬に大和が故障し、8月は中堅や右翼のスタメンで起用されている。

 すると、人が変わったように打ち出し、この日も初回の2死二、三塁の好機に右前適時打を放ち、4試合連続安打。8月はここまで13試合で43打数17安打。4割近い打率(.395)を残している。

 前出のOBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  10. 10

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る