日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

データ生かせず、敵に筒抜け 阪神の敗因は“情報戦”の甘さ

「次の点を取る前に、相手に先に点を取られてしまったよね」

 阪神の和田監督が嘆いた。10日、試合開始時点で、首位巨人とのゲーム差は0・5。巨人が負けて、阪神が勝てば首位が入れ替わった。あす12日からの巨人との首位攻防戦を前に、最低でも弾みをつけたかった阪神はしかし、広島に敗れた。五回、1点差に詰め寄ったものの、追い付くどころか広島にダメを押された。

 阪神は情報戦で後手を踏んだ。この日の先発はルーキーの岩貞祐太(22=横浜商大)。昨年のドラフト1位左腕で、プロ初登板初先発。広島にとっては初物だったものの、4回を5安打4失点と攻略された。初回2死一、二塁から、先制の2点二塁打を放ったキラはお立ち台で、「いいストレートに、いいスライダーをもっている投手。二軍で対戦した選手から特徴を聞いていたからね」と胸を張った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事