屋外続きで投手陣バテバテ…阪神を救うのはドーム球場

公開日: 更新日:

 巨人がもたついている間に首位に立ちたい阪神だが、敵地でのヤクルト戦は1勝2敗。打線は3試合で30得点と爆発したものの計31失点と投手陣はボロボロ。長期ロード最初のカードは負け越した。それでもある球団関係者は「次の広島戦から変わりますよ」といってこう続ける。

「正直この時季、猛暑の屋外球場はつらい。うちは球宴が終わってから5カード連続だろ。今の屋外球場は熱がこもってフライパンみたい。宿舎のホテルも自宅ほど熟睡できん選手もいる。初戦に勝って2試合が中止になった甲子園のDeNA戦を除けば、4カード中3カードで負け越しは投手陣のバテが原因。8日からの広島3連戦は空調のある京セラドーム。京セラならみんな自宅に戻れるし、妻帯者は女房の手料理を食べて自分の布団でゆっくり休める。気持ちを入れ替えて、次の巨人戦(東京ドーム)で首位取りといきたいね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    錦織圭やはり問われる「チーム体制」万年8強止まりの元凶

  3. 3

    花嫁の逆襲 私の結婚式を台無しにしたあの女が許せない!

  4. 4

    損しないために“ねんきん定期便”確認すべき3つのポイント

  5. 5

    若林ドン引き オードリー春日「浮気謝罪で100万円」の性根

  6. 6

    広瀬すずvs永野芽郁 NHK朝ドラの次は映画で対決か?

  7. 7

    超肉食同士は食い合わない?蒼井優が唯一落とせなかった男

  8. 8

    交流戦で打率急降下…G坂本が迫られる「本塁打か安打か」

  9. 9

    オードリー春日の浮気発覚 人間の性根は簡単に変わらない

  10. 10

    吉本興業と安倍政権は蜜月 官民ファンド100億円出資の行方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る