• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

屋外続きで投手陣バテバテ…阪神を救うのはドーム球場

 巨人がもたついている間に首位に立ちたい阪神だが、敵地でのヤクルト戦は1勝2敗。打線は3試合で30得点と爆発したものの計31失点と投手陣はボロボロ。長期ロード最初のカードは負け越した。それでもある球団関係者は「次の広島戦から変わりますよ」といってこう続ける。

「正直この時季、猛暑の屋外球場はつらい。うちは球宴が終わってから5カード連続だろ。今の屋外球場は熱がこもってフライパンみたい。宿舎のホテルも自宅ほど熟睡できん選手もいる。初戦に勝って2試合が中止になった甲子園のDeNA戦を除けば、4カード中3カードで負け越しは投手陣のバテが原因。8日からの広島3連戦は空調のある京セラドーム。京セラならみんな自宅に戻れるし、妻帯者は女房の手料理を食べて自分の布団でゆっくり休める。気持ちを入れ替えて、次の巨人戦(東京ドーム)で首位取りといきたいね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る