乱打戦制すもヘトヘト…“生え抜き正捕手”阪神・梅野の重圧

公開日: 更新日:

 ファンも悲鳴を上げた。

 今季最多の23安打、大量20得点の猛打で最下位ヤクルトをねじ伏せた阪神。しかし、心配の種もある。正捕手となりつつある新人の梅野(23=福岡大)だ。
 この日もスタメンマスクをかぶったルーキーは、先発メッセンジャーの乱調を制御しきれず7失点。しかも五回の守備では、バレンティンの空振りしたバットが頭部を直撃すると、続く畠山のファウルチップはアゴ付近へ。さらに森岡のファウルチップが股間を襲い六回でベンチに退いた。

■酷暑で10キロ減

 最近5試合では19打数3安打の打率.158。試合に出続ける上に、酷暑の影響で80キロの体重は10キロほど減った。7月26日の広島戦でファウルチップを受けて左手がパンパンに腫れ、欠場を余儀なくされた。そのダメージもまだ残っているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る