乱打戦制すもヘトヘト…“生え抜き正捕手”阪神・梅野の重圧

公開日: 更新日:

 ファンも悲鳴を上げた。

 今季最多の23安打、大量20得点の猛打で最下位ヤクルトをねじ伏せた阪神。しかし、心配の種もある。正捕手となりつつある新人の梅野(23=福岡大)だ。
 この日もスタメンマスクをかぶったルーキーは、先発メッセンジャーの乱調を制御しきれず7失点。しかも五回の守備では、バレンティンの空振りしたバットが頭部を直撃すると、続く畠山のファウルチップはアゴ付近へ。さらに森岡のファウルチップが股間を襲い六回でベンチに退いた。

■酷暑で10キロ減

 最近5試合では19打数3安打の打率.158。試合に出続ける上に、酷暑の影響で80キロの体重は10キロほど減った。7月26日の広島戦でファウルチップを受けて左手がパンパンに腫れ、欠場を余儀なくされた。そのダメージもまだ残っているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る