日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

乱打戦制すもヘトヘト…“生え抜き正捕手”阪神・梅野の重圧

 ファンも悲鳴を上げた。

 今季最多の23安打、大量20得点の猛打で最下位ヤクルトをねじ伏せた阪神。しかし、心配の種もある。正捕手となりつつある新人の梅野(23=福岡大)だ。
 この日もスタメンマスクをかぶったルーキーは、先発メッセンジャーの乱調を制御しきれず7失点。しかも五回の守備では、バレンティンの空振りしたバットが頭部を直撃すると、続く畠山のファウルチップはアゴ付近へ。さらに森岡のファウルチップが股間を襲い六回でベンチに退いた。

■酷暑で10キロ減

 最近5試合では19打数3安打の打率.158。試合に出続ける上に、酷暑の影響で80キロの体重は10キロほど減った。7月26日の広島戦でファウルチップを受けて左手がパンパンに腫れ、欠場を余儀なくされた。そのダメージもまだ残っているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事