乱打戦制すもヘトヘト…“生え抜き正捕手”阪神・梅野の重圧

公開日:  更新日:

 ファンも悲鳴を上げた。

 今季最多の23安打、大量20得点の猛打で最下位ヤクルトをねじ伏せた阪神。しかし、心配の種もある。正捕手となりつつある新人の梅野(23=福岡大)だ。
 この日もスタメンマスクをかぶったルーキーは、先発メッセンジャーの乱調を制御しきれず7失点。しかも五回の守備では、バレンティンの空振りしたバットが頭部を直撃すると、続く畠山のファウルチップはアゴ付近へ。さらに森岡のファウルチップが股間を襲い六回でベンチに退いた。

■酷暑で10キロ減

 最近5試合では19打数3安打の打率.158。試合に出続ける上に、酷暑の影響で80キロの体重は10キロほど減った。7月26日の広島戦でファウルチップを受けて左手がパンパンに腫れ、欠場を余儀なくされた。そのダメージもまだ残っているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る