掛布氏も…目先の勝ちに拘る阪神和田監督の采配に疑問符

公開日:  更新日:

 後半戦初っぱなの首位攻防戦に勝ち越しはしたが、「あの場面はどうにも納得できない」とお怒りのファンもいる。

 3連勝を狙ったこの日の六回裏、2-2の同点で先頭の大和が中前打で出塁。和田監督は続く鳥谷に、2ボール1ストライクからエンドランのサインを出して二ゴロに倒れた。大和は二塁に進んだもののベンチに戻る鳥谷の表情は心なしか不満げに見えた。

「私もそうです」と、阪神ファンの麻生千晶氏(作家)がこう続ける。

「鳥谷さんはそれまでの2打席でヒットを打っている3割打者じゃないですか。今の阪神は、生え抜きでキャプテンを務める鳥谷さんのチームといっても過言じゃない。彼に任せる場面ですよ。それで併殺になってもいいじゃないですか。私はずっと和田監督の采配には疑問を持っているんです」

 CS放送で解説席に座っていた阪神の打撃コーディネーターでもある掛布雅之氏も「なぜエンドランなのか。自分に任せてもらえない鳥谷は、チームの負けを背負うことはできない」と指摘。目先の勝利にこだわる和田采配を暗に批判した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る