掛布氏も…目先の勝ちに拘る阪神和田監督の采配に疑問符

公開日: 更新日:

 後半戦初っぱなの首位攻防戦に勝ち越しはしたが、「あの場面はどうにも納得できない」とお怒りのファンもいる。

 3連勝を狙ったこの日の六回裏、2-2の同点で先頭の大和が中前打で出塁。和田監督は続く鳥谷に、2ボール1ストライクからエンドランのサインを出して二ゴロに倒れた。大和は二塁に進んだもののベンチに戻る鳥谷の表情は心なしか不満げに見えた。

「私もそうです」と、阪神ファンの麻生千晶氏(作家)がこう続ける。

「鳥谷さんはそれまでの2打席でヒットを打っている3割打者じゃないですか。今の阪神は、生え抜きでキャプテンを務める鳥谷さんのチームといっても過言じゃない。彼に任せる場面ですよ。それで併殺になってもいいじゃないですか。私はずっと和田監督の采配には疑問を持っているんです」

 CS放送で解説席に座っていた阪神の打撃コーディネーターでもある掛布雅之氏も「なぜエンドランなのか。自分に任せてもらえない鳥谷は、チームの負けを背負うことはできない」と指摘。目先の勝利にこだわる和田采配を暗に批判した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る