掛布氏も…目先の勝ちに拘る阪神和田監督の采配に疑問符

公開日:  更新日:

 後半戦初っぱなの首位攻防戦に勝ち越しはしたが、「あの場面はどうにも納得できない」とお怒りのファンもいる。

 3連勝を狙ったこの日の六回裏、2-2の同点で先頭の大和が中前打で出塁。和田監督は続く鳥谷に、2ボール1ストライクからエンドランのサインを出して二ゴロに倒れた。大和は二塁に進んだもののベンチに戻る鳥谷の表情は心なしか不満げに見えた。

「私もそうです」と、阪神ファンの麻生千晶氏(作家)がこう続ける。

「鳥谷さんはそれまでの2打席でヒットを打っている3割打者じゃないですか。今の阪神は、生え抜きでキャプテンを務める鳥谷さんのチームといっても過言じゃない。彼に任せる場面ですよ。それで併殺になってもいいじゃないですか。私はずっと和田監督の采配には疑問を持っているんです」

 CS放送で解説席に座っていた阪神の打撃コーディネーターでもある掛布雅之氏も「なぜエンドランなのか。自分に任せてもらえない鳥谷は、チームの負けを背負うことはできない」と指摘。目先の勝利にこだわる和田采配を暗に批判した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る