松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

延長十一回2死満塁で「4番投手増井」だと!?中田はどうした、中田は!

公開日: 更新日:

 日本ハムファイターズの今年のチームスローガンは「前進せよ、トゥミコロクル」。トゥミコロクルとは、アイヌ語で「戦士」という意味だそうだ。今年初めに栗山監督が爽やかに切り出した。

「日々努力を積み重ね、成長していく姿を見せることでファンの皆さまも一緒に歩んでくれます。勝ちにこだわるのはもちろんですが、選手には次へつながる希望を感じさせるプレーをしてもらいたい。立ち止まることは許されません。全身全霊をかけて前へ進む戦士でありたい」

 と謳いつつ、シーズン後半なかなか5割に乗せられない日ハム。先週土曜日、対西武ライオンズの中継を夕方5時からひたすら見た。点を取られては取り返す白熱の攻防戦は延長十一回、1死満塁の勝ち越しのチャンスに、陽岱鋼が空振りの三振。大丈夫大丈夫。4番中田でかえせばよい!

 2死満塁のチャンスに4番ピッチャー増井……4番ピッチャー増井って、栗山、そりゃ一体なんなんだ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る