松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

延長十一回2死満塁で「4番投手増井」だと!?中田はどうした、中田は!

公開日:  更新日:

 日本ハムファイターズの今年のチームスローガンは「前進せよ、トゥミコロクル」。トゥミコロクルとは、アイヌ語で「戦士」という意味だそうだ。今年初めに栗山監督が爽やかに切り出した。

「日々努力を積み重ね、成長していく姿を見せることでファンの皆さまも一緒に歩んでくれます。勝ちにこだわるのはもちろんですが、選手には次へつながる希望を感じさせるプレーをしてもらいたい。立ち止まることは許されません。全身全霊をかけて前へ進む戦士でありたい」

 と謳いつつ、シーズン後半なかなか5割に乗せられない日ハム。先週土曜日、対西武ライオンズの中継を夕方5時からひたすら見た。点を取られては取り返す白熱の攻防戦は延長十一回、1死満塁の勝ち越しのチャンスに、陽岱鋼が空振りの三振。大丈夫大丈夫。4番中田でかえせばよい!

 2死満塁のチャンスに4番ピッチャー増井……4番ピッチャー増井って、栗山、そりゃ一体なんなんだ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る