松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「のろぼんろく」にプロ野球の将来とテレビの未来が潰された

公開日: 更新日:

 プロ野球オールスター第2戦の甲子園マウンド、初回に大谷が球速160キロ、161キロと続け、さて日本最速163キロのストレートを投げ込もうとした瞬間、後ろから腰のあたりをガシッと支えて誰かが、彼の耳元で囁いた。

「今日はそれぐらいにしとけ、次の165キロを俺が打ってやる」

 大谷は試合後、取り巻く記者たちに言った。

「ですから、僕は力を抜きました」

 スポーツ記者たちが詰め寄る。後ろからガシッと支えられたんだから味方の野手だろう。驚異的な腰のバネでライナーを左中間席深部に打ち込んだホークスの柳田? オリックスの超人、糸井? 犯人が判明した。これから大谷と名勝負を繰り広げたいと願う強打者たちの意思が、彼の後ろで言ったのだ。強打者のヒトダマが大谷の後ろまで忍び寄って言わせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  3. 3

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  6. 6

    虎オーナー補強封印で…矢野監督に“糸井&福留切り”の大役

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  9. 9

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  10. 10

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る