松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「のろぼんろく」にプロ野球の将来とテレビの未来が潰された

公開日:  更新日:

 プロ野球オールスター第2戦の甲子園マウンド、初回に大谷が球速160キロ、161キロと続け、さて日本最速163キロのストレートを投げ込もうとした瞬間、後ろから腰のあたりをガシッと支えて誰かが、彼の耳元で囁いた。

「今日はそれぐらいにしとけ、次の165キロを俺が打ってやる」

 大谷は試合後、取り巻く記者たちに言った。

「ですから、僕は力を抜きました」

 スポーツ記者たちが詰め寄る。後ろからガシッと支えられたんだから味方の野手だろう。驚異的な腰のバネでライナーを左中間席深部に打ち込んだホークスの柳田? オリックスの超人、糸井? 犯人が判明した。これから大谷と名勝負を繰り広げたいと願う強打者たちの意思が、彼の後ろで言ったのだ。強打者のヒトダマが大谷の後ろまで忍び寄って言わせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る