松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「のろぼんろく」にプロ野球の将来とテレビの未来が潰された

公開日: 更新日:

 プロ野球オールスター第2戦の甲子園マウンド、初回に大谷が球速160キロ、161キロと続け、さて日本最速163キロのストレートを投げ込もうとした瞬間、後ろから腰のあたりをガシッと支えて誰かが、彼の耳元で囁いた。

「今日はそれぐらいにしとけ、次の165キロを俺が打ってやる」

 大谷は試合後、取り巻く記者たちに言った。

「ですから、僕は力を抜きました」

 スポーツ記者たちが詰め寄る。後ろからガシッと支えられたんだから味方の野手だろう。驚異的な腰のバネでライナーを左中間席深部に打ち込んだホークスの柳田? オリックスの超人、糸井? 犯人が判明した。これから大谷と名勝負を繰り広げたいと願う強打者たちの意思が、彼の後ろで言ったのだ。強打者のヒトダマが大谷の後ろまで忍び寄って言わせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る