松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

コピペ総理大臣・安倍晋三に告ぐ「原爆忌の挨拶文は自分の言葉で喋れ!」

公開日: 更新日:

 野球選手の挨拶がやけに立派だと思った初めは、語り草となった長嶋茂雄の引退試合ではない。

「巨人軍は永久に不滅です!」と言い放ったときは若気の至りで感動しなくもなかったが、その後大人になってこちらの性格がひねくれて、野球チームのくせに巨人「軍」を標榜することが嫌いになって以来、勝ちさえすりゃなんでもありの「巨人軍なんざ永久に不潔です!」ともじって喝采するようになった。

 本当に野球選手の挨拶で感動したのは、2011年に球場でマイクの前に立った楽天の嶋捕手の言葉だったか?

「見せましょう、東北の底力を! 見せましょう、東北の誇りを!」

 野球選手はマイクの前ではなく、選手としてプレーするのが本分。緊張しないほうがおかしいところ、自分の気持ちをマイクに乗せることの難しさを感じつつも訥々と懸命に話した、あの姿勢は感動した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る