• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「アマガエルキャンペーン」にしか見えぬ、阪神の真みどりユニホーム

 最近プロ野球各チームの選手が着ている期間限定ユニホームにひとこと。復刻版はよしとして、巨人の「真オレンジ」なんぞ、気前よく観客全員に着せるからスタンド全体が熟れすぎたみかん畑みたいになって、うるさすぎて目に悪い。阪神なんぞ開いた口がふさがらぬ。「真みどり」に脇が「黄色」。この途方もない色使いは何だ何だ!

 夏休み、満を持して甲子園に行った野球少年たちには漏れなく「真みどり」のジャージーTシャツが配られたのだ。子どもたちは「真みどり」のジャージーを、伝統ある阪神タイガースにもらったユニホームレプリカとして一生の宝ものにするか? 陳腐にしてセンスのかけらもないしろもの。

 商店街の、たとえば八百辰商店あたりが言い出しっぺとなったとして、草野球で悪目立ちしたくて作ったユニホームにありがち。胸にはアルファベットで「YAOTATSU」とあるが、かあちゃんがワッペン生地を切り張りしてアイロンで押し当てたに違いない素人でもやらないロゴデザイン(別に八百屋に恨みがあるわけではない。ありそうな例として使った。日刊ゲンダイを毎日読んでいる八百屋のおやっさんがいるならゴメンな)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る