松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

「アマガエルキャンペーン」にしか見えぬ、阪神の真みどりユニホーム

公開日: 更新日:

 最近プロ野球各チームの選手が着ている期間限定ユニホームにひとこと。復刻版はよしとして、巨人の「真オレンジ」なんぞ、気前よく観客全員に着せるからスタンド全体が熟れすぎたみかん畑みたいになって、うるさすぎて目に悪い。阪神なんぞ開いた口がふさがらぬ。「真みどり」に脇が「黄色」。この途方もない色使いは何だ何だ!

 夏休み、満を持して甲子園に行った野球少年たちには漏れなく「真みどり」のジャージーTシャツが配られたのだ。子どもたちは「真みどり」のジャージーを、伝統ある阪神タイガースにもらったユニホームレプリカとして一生の宝ものにするか? 陳腐にしてセンスのかけらもないしろもの。

 商店街の、たとえば八百辰商店あたりが言い出しっぺとなったとして、草野球で悪目立ちしたくて作ったユニホームにありがち。胸にはアルファベットで「YAOTATSU」とあるが、かあちゃんがワッペン生地を切り張りしてアイロンで押し当てたに違いない素人でもやらないロゴデザイン(別に八百屋に恨みがあるわけではない。ありそうな例として使った。日刊ゲンダイを毎日読んでいる八百屋のおやっさんがいるならゴメンな)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る