消えて幸い…阪神メッセ「抑え転向」計画、昨オフ浮上していた

公開日:  更新日:

 転向させないで正解だった。今や阪神のエース格となったメッセンジャー(33)は、ここまで24試合に登板。ハーラートップの11勝(8敗)を挙げ、防御率は3.09、投球回数163回3分の1で、180奪三振もリーグ最多。次戦は26日からの首位攻防戦(東京ドーム)の初戦が濃厚だ。

 実はこの助っ人右腕、昨年は抑えに転向するプランがあったという。阪神は2012年オフに藤川球児がメジャーへ移籍。その後釜として、球威とスタミナがあり、ここぞという時に三振が取れるメッセの名前が浮上した。

「ところがメッセはすでに帰国。先発から抑えに回すという話ができなかった。次に能見の名前が挙がるも配置転換を拒否。仕方なく久保(現DeNA)を説得したが力を発揮できず、オフにはDeNAへFA移籍した。もしもあの時、メッセが抑えになっていればどうなっていたか。成績はわからないにしても、スタンリッジを残留させて呉昇桓を取りにいくことはなかっただろう」(阪神OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る