消えて幸い…阪神メッセ「抑え転向」計画、昨オフ浮上していた

公開日: 更新日:

 転向させないで正解だった。今や阪神のエース格となったメッセンジャー(33)は、ここまで24試合に登板。ハーラートップの11勝(8敗)を挙げ、防御率は3.09、投球回数163回3分の1で、180奪三振もリーグ最多。次戦は26日からの首位攻防戦(東京ドーム)の初戦が濃厚だ。

 実はこの助っ人右腕、昨年は抑えに転向するプランがあったという。阪神は2012年オフに藤川球児がメジャーへ移籍。その後釜として、球威とスタミナがあり、ここぞという時に三振が取れるメッセの名前が浮上した。

「ところがメッセはすでに帰国。先発から抑えに回すという話ができなかった。次に能見の名前が挙がるも配置転換を拒否。仕方なく久保(現DeNA)を説得したが力を発揮できず、オフにはDeNAへFA移籍した。もしもあの時、メッセが抑えになっていればどうなっていたか。成績はわからないにしても、スタンリッジを残留させて呉昇桓を取りにいくことはなかっただろう」(阪神OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る