6連敗でエース剥奪危機 阪神・能見に必要なのは「反骨心」

公開日: 更新日:

  阪神の能見が31日のヤクルト戦に先発。7回3失点とゲームをつくったものの打線の援護がなく、自身6連敗で早くも10敗目(5勝)を喫した。

 能見は「ゼロで抑えていない。なかなかね」と話し、和田監督も「重苦しい雰囲気で野球をしてしまっている」と指摘。これでチームは2カード連続の負け越し。首位の巨人追走に足踏みである。

 能見は今年で35歳。衰えを指摘する声もちらほら聞かれる。だが、評論家の福間納氏は「ボールの衰えというよりも、気持ちの問題ではないか」と、こう続けた。

「能見はピンチの場面で時折、『代えてほしい』というしぐさを見せる。6月29日の中日戦で、脇腹の違和感を訴えて三回途中9失点で早々に降板した時もそんな雰囲気を感じた。投手は『打たれても投げます』という性格の人間が多いが、能見はそういうタイプではない。そんな弱さが顔をのぞかせる半面、周りがチヤホヤしなくなると、反骨心からいい投球をする性格なんだと思う。実績もあるため、周囲は能見を『エース』と呼ぶ。結果が出ないのなら、エースの称号を剥奪してもいい。それで活躍すれば、きちんと評価するのです」

 能見の活躍なくして逆転優勝は厳しい。「もっとしっかりしろ!」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  3. 3

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る