阪神メッセ8勝 和田監督の評価は「13K」より「投球数」

公開日:  更新日:

 今やエースと呼んでもいいのではないか。

 阪神先発メッセンジャーが8回3安打、自己最多タイの13奪三振で8勝目。チームは5カード連続勝ち越し、「落ち着いて、いつものフォームで投げることを意識した」と、この日の投球を振り返った。

 昨季の奪三振王(183)は、今季もリーグトップの146奪三振。2位(98)の藤浪を大きく引き離している。和田監督にとってうれしいのは三振の数ではなく投球回数だろう。

 メッセは今季19試合で135回3分の1を投げている。1試合平均にすれば7回以上だ。昨季も30試合に登板し、196回3分の1、6完投、3完封はいずれもリーグ最多。2012年も30試合で196回3分の2を投げた。

 かつて星野、岡田両監督は、毎年200イニング前後を投げる井川(現オリックス)に対し、中継ぎに負担をかけないスタミナを絶賛していた。これからは気温の上昇とともに投手陣が苦しくなる時季。メッセのような投手は監督としては心強い。

 ちなみに、メッセの今季3完封もリーグ最多。シーズン序盤、甲子園での3試合連続完封だった。阪神投手がホームの公式戦で3試合連続完封勝利を挙げたのは、村山実、バッキーに次いで3人目。大投手になれるひとつの条件はクリアしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る