阪神メッセ8勝 和田監督の評価は「13K」より「投球数」

公開日: 更新日:

 今やエースと呼んでもいいのではないか。

 阪神先発メッセンジャーが8回3安打、自己最多タイの13奪三振で8勝目。チームは5カード連続勝ち越し、「落ち着いて、いつものフォームで投げることを意識した」と、この日の投球を振り返った。

 昨季の奪三振王(183)は、今季もリーグトップの146奪三振。2位(98)の藤浪を大きく引き離している。和田監督にとってうれしいのは三振の数ではなく投球回数だろう。

 メッセは今季19試合で135回3分の1を投げている。1試合平均にすれば7回以上だ。昨季も30試合に登板し、196回3分の1、6完投、3完封はいずれもリーグ最多。2012年も30試合で196回3分の2を投げた。

 かつて星野、岡田両監督は、毎年200イニング前後を投げる井川(現オリックス)に対し、中継ぎに負担をかけないスタミナを絶賛していた。これからは気温の上昇とともに投手陣が苦しくなる時季。メッセのような投手は監督としては心強い。

 ちなみに、メッセの今季3完封もリーグ最多。シーズン序盤、甲子園での3試合連続完封だった。阪神投手がホームの公式戦で3試合連続完封勝利を挙げたのは、村山実、バッキーに次いで3人目。大投手になれるひとつの条件はクリアしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  5. 5

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  8. 8

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  9. 9

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  10. 10

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

もっと見る