手も足も出ず…巨人はなぜ天敵メッセを打ち崩せないのか

公開日: 更新日:

 巨人がまた、天敵にやられた。サヨナラ負けを食らった22日の阪神戦で、巨人打線は先発した阪神メッセンジャーに手も足も出ず。7回を亀井のソロ本塁打による1点のみに抑えられた。メッセには今季0勝3敗。九回2死から高橋由の同点弾が飛び出し、4敗目こそ免れたものの、これでメッセの巨人戦の防御率は1・70。「完全に苦手意識を植え付けられましたね」と評論家の山崎裕之氏がこう言う。

「2メートル近い上背(198センチ)から150キロ超の速球がある。制球も悪くない。難攻不落の投手なのだから、チーム単位でなにかを徹底する必要があるにもかかわらず、巨人の各打者は追い込まれては、難しいボールに手を出していた。ストライクゾーンを狭くし、狙い球を絞って早いカウントから好球必打するといった基本的な姿勢も見られなかった」

 コーチ陣からは「逆方向への意識を徹底する」とのメッセ攻略法が指示されていたという。左翼ポールに当たった亀井の本塁打は確かにその「逆方向」だったが、強い浜風に流されてのラッキーパンチだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る