負担はメッセばかりに…阪神ファンも嘆く先発陣の“硬直化”

公開日: 更新日:

 27日の広島戦に先発したメッセンジャー(33)が、五回途中5失点でKO。今季8勝を挙げるエースはこの日、中4日、中5日ときて、再び中4日での登板だった。 さすがに疲れは隠せなかった。

 まだ50試合以上を残したこの時期の過密登板。能見、岩崎が安定感を欠くとはいえ、メッセと岩田、藤浪の3枚は結果を残している。汲々とする投手起用に、ファンから疑問の声が上がっているのも当然だ。

 実際、両リーグで断トツの146回3分の1を投げるメッセひとりに負担を強いるほど投手が足りないのかといえば、二軍には結果を残している選手もいる。この日、不調の岩崎に代わって、二軍で5勝4敗、防御率3・25の歳内が一軍昇格。1-5の五回途中から登板し、2回1失点ながら自責はゼロ。七回からは二軍で5勝、防御率1・47の好成績を残す二神が2回無失点と好投した。どちらかが31日のヤクルト戦で先発する可能性がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る