石川もミタパンも…西武ナインがモテるようになったワケ

公開日: 更新日:

 かつて西武の選手にとって、アイドルや女子アナは「高根の花」。松坂(現メッツ)のような、限られたスター選手のみに許されていた特権のようなものだった。

 黒田二軍守備走塁コーチは西武から巨人に移籍した04年に、タレントの新山千春と結婚。「知り合いの紹介で出会った」というなれ初めに、当時の主力選手は「巨人に行くと、そういう知り合いが出来るのか」とうらやましがっていたものだ。

 しかし、それも過去の話。今月に入って野上亮磨(27)と元モーニング娘。の石川梨華(29=写真左)、金子侑司(24)とフジテレビ女子アナの三田友梨佳(27=写真右)の熱愛が立て続けに発覚。同僚選手らも「やっと明るみに出たか、という感じ。みんな知っていたから」と驚きはない。

■涌井の六本木豪遊に憧れ

 一体、西武の何が変わったのか。ある球団OBはこう推測する。

「住む場所が変わったことが大きい。昔は主力選手でも、西武ドームに近い西武線沿線や立川などに住んでいた。そんな先輩を差し置いて都心に住むのは気がひける。それが近年は年齢関係なく都心方面に住む選手が増えてきた。野上や金子もそう。都心にマンションがあったエースの涌井(現ロッテ)が連日のように六本木に繰り出していたのに憧れたこともあるだろう。菊池雄星も昨オフに退寮するや、いきなり新宿区の高級マンションで一人暮らしを始めています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”