日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷 2ケタ勝利足踏みで囁かれる“ミタパンショック”

 原因はもしや……。2ケタ勝利目前の日本ハム・大谷翔平(20)がここにきて「足踏み」を続けている。10日のソフトバンク戦に先発。今季10勝目を狙ったが、序盤から精彩を欠き、六回までに9安打5失点。今季3敗目を喫し、先月16日の西武戦での勝利以降、3戦連続で白星を飾ることができなかった。

 二刀流の大谷は今季、「投手優先」というチーム方針もあって、開幕から7月中旬までトントン拍子で勝ち星を伸ばしてきた。それがここにきて制球力がガクッと落ちている。二刀流による疲労や2ケタ勝利への重圧などが理由に挙げられているが、チーム関係者の間では「別の要因」も囁かれている。先日、一部スポーツ紙がデカデカと報じた西武・金子侑司(24)とフジテレビの“ミタパン”こと三田友梨佳アナウンサー(27)との交際だ。

■「大谷にはベストな相手」の声も

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事