ミタパンと交際報道の西武・金子は草食顔の“ビッグマウス”

公開日:  更新日:

 6日のスポーツ紙の報道で発覚した、西武・金子侑司(24)とフジテレビの「ミタパン」こと三田友梨佳アナ(27)との交際報道。西武ではレギュラーとはいえ、金子は全国的には無名の選手。それが人気女子アナをゲットしたのだから、金子、三田アナ双方のファンは驚いたに違いない。

 もっとも、入団1年目の昨季序盤は正真正銘、「時の人」だった。オープン戦から打ちまくり、開幕後は打率4割をマークした時期もあったほど。当時は内野が飽和状態だったため、「アマ時代はやったことがない」(金子)という外野で起用されることもしばしばだった。

 持ち味は俊足と堅守。打率.257、19盗塁は2年目としては立派ながら、「大物女子アナのカレシ」としてはやや物足りなく映る。

 身長178センチ、70キロとプロ野球選手らしからぬ細身の体。顔も細面で今風のイケメンだが、中身まで今どきの草食系と思ったら大間違い。立命館大時代から金子を知る関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る