長野離脱危機で拍車…データが語る巨人の後半戦“大沈滞”

公開日: 更新日:

 首位の巨人が、いまだに波に乗り切れない。それどころか、チーム崩壊の危険すらはらんでいる。21日のヤクルト戦は延長十一回に飛び出した片岡の決勝弾で勝ったものの、後半戦に入ってからの戦績は11勝14敗1分けでその勝率は5割に満たない。5位のDeNAどころか、最下位のヤクルトにも劣っているのが現状である。

 チームトップの9勝を挙げていた菅野が右手の故障で離脱して以降、巨人先発陣の平均投球回数は約5.9回で6イニングに満たない。当然、しわ寄せは後ろに回り、リリーフ陣の防御率は7月が4.51、8月が3.82とボロボロだ。攻撃陣は輪をかけてヒドく、リーグ最低のチーム打率.258は、今月に入って.239とさらに悪化。ようやく打順は固定されつつあるものの、原監督がオモチャのようにイジくりまくったこれまでの起用が尾を引いているのは間違いない。評論家の権藤博氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  2. 2

    “バブリーダンス”伊原六花 「なつぞら」東京編の起爆剤に

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    大戦中に恋に落ちて…元米軍兵士と仏女性が75年ぶりに再会

  6. 6

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  7. 7

    向こう見ずな首相のイラン訪問 取り返しのつかない大失敗

  8. 8

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  9. 9

    レアル入りタイミング最悪…久保建英が南米DF陣に狙われる

  10. 10

    イージスアショア秋田配備 津波リスク隠蔽発覚で地元激怒

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る