• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長野離脱危機で拍車…データが語る巨人の後半戦“大沈滞”

 首位の巨人が、いまだに波に乗り切れない。それどころか、チーム崩壊の危険すらはらんでいる。21日のヤクルト戦は延長十一回に飛び出した片岡の決勝弾で勝ったものの、後半戦に入ってからの戦績は11勝14敗1分けでその勝率は5割に満たない。5位のDeNAどころか、最下位のヤクルトにも劣っているのが現状である。

 チームトップの9勝を挙げていた菅野が右手の故障で離脱して以降、巨人先発陣の平均投球回数は約5.9回で6イニングに満たない。当然、しわ寄せは後ろに回り、リリーフ陣の防御率は7月が4.51、8月が3.82とボロボロだ。攻撃陣は輪をかけてヒドく、リーグ最低のチーム打率.258は、今月に入って.239とさらに悪化。ようやく打順は固定されつつあるものの、原監督がオモチャのようにイジくりまくったこれまでの起用が尾を引いているのは間違いない。評論家の権藤博氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る