順調に回復 マー君の練習にサイ・ヤング賞左腕も興味津々

公開日:  更新日:

 右肘靱帯の部分断裂で故障者リスト(DL)入りしているヤンキース・田中将大(25)のペースが上がってきた。

 すでに本格的な投球練習を再開した田中は26日(日本時間27日)、遠征先のデトロイトで故障後3度目のブルペン入り。ロスチャイルド投手コーチが見守る中、スプリットなど変化球を交えて約40球を投げ込んだ。

 ここまで12勝を挙げたルーキー右腕の投球練習には相手のタイガース選手たちも興味津々。エースでサイ・ヤング賞左腕のプライスらが試合前のウオーミングアップを中断してまで田中の投球練習に興味深そうに見入っていた。

 28日にはDL入り後初のシート打撃に登板する。メジャーの先発投手はシーズン中、登板日の2日前にブルペン入りするのがルーティンだ。レギュラーシーズンと同じ間隔で調整しているのは、それだけ患部の回復が順調と見てよさそうだ。

 シート打撃では「3回、45球」を目安に投げる予定。その後、患部に異常がなければ、マイナーなどの試合で実戦マウンドに上がる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

もっと見る