巨人ロペスの「左翼コンバート」 高橋由の抹消で現実味も

公開日: 更新日:

 抹消中のアンダーソン、亀井、松本哲、セペダに、右ヒザを痛めている長野と故障者が相次ぐ窮地を救ったのがロペスだった。

 今月に入り、阿部が一塁へ回るようになったため、出場機会が激減。ロペスは首脳陣に直訴し、外野の練習を開始している。発注していた外野用グラブも手元に届いた。大西外野守備走塁コーチは「肩は強いし意欲的」と好評価。阿部は捕手に復帰しているが、体調面を見ながら一塁との併用が理想と考える原監督は、左翼の守備力をあまり重要視していない。今季もアンダーソンやセペダといった足にも肩にも難のある選手を「打撃優先」で起用しているから、ロペスの左翼起用も可能性はゼロではない。

 チーム関係者によると、ロペスは来年以降、阿部が一塁専任になることを考慮。出番を求めて来季は米国、もしくは日本の他球団でのプレーを模索しているという。ただ、巨人の年俸は1億7000万円。こんな好条件で契約してくれるのも、金満巨人くらいだと知っている。現実味を帯びてきた「素人左翼」のぶっつけデビュー。昨季は打率・303、18本塁打。ジャパニーズドリームをつかんだ助っ人は、一塁と慣れない左翼を兼務し、チーム内外に存在をアピールするつもりでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  2. 2

    川栄李奈が32歳の俳優と“授かり婚”で…今後の女優人生は?

  3. 3

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  4. 4

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  5. 5

    習近平に隠し玉 レアアース禁輸で日本ハイテク産業大打撃

  6. 6

    立憲が参院東京選挙区で大バクチ 強気“2人擁立”は吉か凶か

  7. 7

    安倍政権が企む“年金改悪”のゴールは「80歳」での支給開始

  8. 8

    85%が老後に腐心…50代から2000万円貯める40代の資金計画

  9. 9

    米国のファーウェイ潰し、かつて日本も同じ目に遭った

  10. 10

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る