• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右膝故障で欠場 「48時間」じゃ消えない巨人・長野の不安

 巨人の長野久義(29)が22日の中日戦を欠場した。21日のヤクルト戦の九回の守備で右膝を痛め、途中交代していた。

 この日、都内の病院で「右膝関節挫傷」と診断され、試合前の練習には参加しなかった。川相ヘッドコーチは「長野に関しては分かりません」とし、橋上コーチも「大丈夫だと思うんだけど…」と一様に口が重い中、原監督は「今日のところはプレーできる状態ではない。今のところ抹消は考えていない。多少、炎症があるので、48時間は見てみようと思っている」と説明した。

■守備にも相当なマイナス

 もし離脱なら巨人にとって一大事。1番に定着しているこの6試合で26打数11安打、打率.423。19日は4安打、チームがわずか2安打に抑えられた20日の試合でも適時打を放った。22日現在でチーム打率.258、総得点431はいずれもリーグ最下位。貧打にあえぐ打線で最も頼りになる男が長野だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る