日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

右膝故障で欠場 「48時間」じゃ消えない巨人・長野の不安

 巨人の長野久義(29)が22日の中日戦を欠場した。21日のヤクルト戦の九回の守備で右膝を痛め、途中交代していた。

 この日、都内の病院で「右膝関節挫傷」と診断され、試合前の練習には参加しなかった。川相ヘッドコーチは「長野に関しては分かりません」とし、橋上コーチも「大丈夫だと思うんだけど…」と一様に口が重い中、原監督は「今日のところはプレーできる状態ではない。今のところ抹消は考えていない。多少、炎症があるので、48時間は見てみようと思っている」と説明した。

■守備にも相当なマイナス

 もし離脱なら巨人にとって一大事。1番に定着しているこの6試合で26打数11安打、打率.423。19日は4安打、チームがわずか2安打に抑えられた20日の試合でも適時打を放った。22日現在でチーム打率.258、総得点431はいずれもリーグ最下位。貧打にあえぐ打線で最も頼りになる男が長野だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事