巨人ロペスの「左翼コンバート」 高橋由の抹消で現実味も

公開日: 更新日:

 巨人が土壇場で阪神をうっちゃった。同点に追いつき、なお2死二塁から、ホセ・ロペス(31)が中前にサヨナラ打。相手の守護神を打ち砕き、「奇跡のようなゲームだった」と興奮気味の原監督は、「(ロペスの)当たりの加減も良くて泰示(大田)の足も生きた」と口も滑らかだった。

 そりゃそうだ。九回までは完全に負け試合。今季4敗(0勝)の阪神先発メッセンジャーの前に、五回まで1安打とまたも打線が沈黙し八回まで9三振を喫してわずか4安打2得点。メッセンジャーは勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りた。

 試合前、巨人ベンチには沈鬱な空気が流れていた。高橋由伸(39)が都内の病院で検査を受け、右手中指伸筋腱脱臼と診断され、登録を抹消された。24日の中日戦の八回の打席でバットを止めた際に右手を痛めたという高橋由は、後半戦から先発出場が増え、打率・286、6本塁打、29打点。万全なら5番でスタメン出場するはずだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  3. 3

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  4. 4

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  5. 5

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  6. 6

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  7. 7

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  8. 8

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  9. 9

    “ハマのドン”藤木幸夫氏が横浜市長選めぐる質問に謎の大放言!海外プレスもア然

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る