巨人ロペスの「左翼コンバート」 高橋由の抹消で現実味も

公開日: 更新日:

 巨人が土壇場で阪神をうっちゃった。同点に追いつき、なお2死二塁から、ホセ・ロペス(31)が中前にサヨナラ打。相手の守護神を打ち砕き、「奇跡のようなゲームだった」と興奮気味の原監督は、「(ロペスの)当たりの加減も良くて泰示(大田)の足も生きた」と口も滑らかだった。

 そりゃそうだ。九回までは完全に負け試合。今季4敗(0勝)の阪神先発メッセンジャーの前に、五回まで1安打とまたも打線が沈黙し八回まで9三振を喫してわずか4安打2得点。メッセンジャーは勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りた。

 試合前、巨人ベンチには沈鬱な空気が流れていた。高橋由伸(39)が都内の病院で検査を受け、右手中指伸筋腱脱臼と診断され、登録を抹消された。24日の中日戦の八回の打席でバットを止めた際に右手を痛めたという高橋由は、後半戦から先発出場が増え、打率・286、6本塁打、29打点。万全なら5番でスタメン出場するはずだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

  10. 10

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る