レーザー照射で敗退…ロシアは18年自国開催に不安残す

公開日: 更新日:

 次回18年W杯開催国のロシアがアルジェリアとの試合中に「レーザー照射」の妨害を受け、1次リーグで敗退した。

 1-0とロシアリードで迎えた後半15分。自陣ゴール近くでアルジェリアにFKを与えた場面だった。アルジェリアMFブラヒミがFKのボールをセットすると、その直後からロシアGKの顔面に何度も緑色の光線が照射された(写真=AP)。妨害を受けたGKは直後のアルジェリアFWスリマニのヘディングシュートに対応できず失点。同点に追いつかれたロシアは結局「勝ち点3」を奪えず、アルジェリアに決勝トーナメント進出を奪われた。

 スタンドからの「レーザー照射」といえば、22日のアルジェリア―韓国戦でも見られた。この時は何者かがアルジェリアのブラヒミを「攻撃」、この日はそのブラヒミを援護する形でレーザー照射が行われた。

 単なるイタズラか、あるいは何者かが作為的にやったのか。グループHは、この日の試合前まで全チームに決勝トーナメント進出の可能性があった。そんなグループで相次いだスタンドからの「横ヤリ」。後味が悪かったのは言うまでもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る