メッツ松坂が右肘に違和感で検査へ 去就にも影響か?

公開日: 更新日:

 今季完全復活を果たしたはずのベテラン右腕が再び、戦列を離れそうだ。メッツは1日(日本時間2日)、松坂大輔(33)がマイアミへの遠征には同行せず、2日(同3日)に地元ニューヨークでチームドクターの検査を受けると発表した。

 今季は9試合の先発を含め30試合に登板して3勝3敗1セーブ、防御率4.21。先発陣に故障が相次いだため、6~7月にかけてローテーションに定着したが、右肘を痛めて7月26日に故障者リスト(DL)入り。8月28日に戦列に戻ったものの、復帰してからは中継ぎで2試合、2回3分の2を5安打4失点と乱調だった。コリンズ監督によると、30日のフィリーズ戦に登板した際に違和感を訴えたという。

 松坂はレッドソックス時代の11年に右肘のトミー・ジョン手術(腱の移植手術)を受けた過去がある。前回は軽症で済んだものの、復帰後の球筋を見る限り、患部に何らかの異常が発生した可能性は否めない。8月下旬に登板した2試合では、いずれも直球が抜けたり、制球に苦しむ場面が目立ったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る