ダルに上原、田沢まで…日本人メジャー投手「続々離脱」危機

公開日: 更新日:

 右肘の炎症で故障者リスト(DL)入りしたレンジャーズ・ダルビッシュだけではない。日本人投手がシーズン終了を待たずに続々と戦列を離れそうだ。

 まずは昨季の世界一に貢献したレッドソックス・上原、田沢の2人。守護神の上原は2戦連続でセーブに失敗するなど、ここ4試合で10安打7失点。12日のレイズ戦で26セーブ目を挙げたのを最後に不安定な投球が続いている。

 その上原へのつなぎ役であるセットアッパーの田沢にしても8月は14試合(13イニング)で7四球(計20四球)と制球難に陥った。

 レッドソックスは58勝74敗の勝率4割3分9厘でア・リーグ東地区最下位に沈んでいるため、26日付の「ボストン・グローブ」(電子版)など複数の地元紙が「上原をシャットダウン(休ませる)すべきだ」との記事をこぞって掲載。「上原と再契約するのであれば、来季に備えさせるべきだ」としている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  8. 8

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  9. 9

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

  10. 10

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

もっと見る