ブルペンで肘を痛めていたメッツ松坂を投手コーチが非難

公開日:  更新日:

「(もっと早く)言ってくれれば、すぐに他の投手に任せたのだが……」――。

 メッツのダン・ワーセン投手コーチから恨み節が聞こえてきた。右肘の炎症で故障者リスト(DL)入りした松坂大輔(33)に対してである。

 松坂が右肘の違和感を訴えたのは24日のブルワーズ戦。先発投手が乱調だったため、松坂はブルペンで序盤から六回までに3度も投球練習を強いられた。ワーセン投手コーチによれば、ブルペンで肩をつくっている間、患部に違和感が出ていたという。

 同コーチは「(松坂はマウンドで)ベンチを見ることはなく、痛みの合図を送ってこなかった」と松坂の対応の悪さを非難した。

 今季の松坂はマイナー契約からメジャー昇格を勝ち取り、先発、中継ぎ、抑えと全ての役割をこなした。契約でメジャー定着が保証されていないからか、与えられた役割をこなすため、肘に痛みを抱えながら投げ続けたのが最悪の事態を招いたようだ。

 松坂は12年にトミー・ジョン手術を受けて今季、本格復帰したばかり。肘の違和感を正直に申告しなかった代償は高くつきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る