ブルペンで肘を痛めていたメッツ松坂を投手コーチが非難

公開日:  更新日:

「(もっと早く)言ってくれれば、すぐに他の投手に任せたのだが……」――。

 メッツのダン・ワーセン投手コーチから恨み節が聞こえてきた。右肘の炎症で故障者リスト(DL)入りした松坂大輔(33)に対してである。

 松坂が右肘の違和感を訴えたのは24日のブルワーズ戦。先発投手が乱調だったため、松坂はブルペンで序盤から六回までに3度も投球練習を強いられた。ワーセン投手コーチによれば、ブルペンで肩をつくっている間、患部に違和感が出ていたという。

 同コーチは「(松坂はマウンドで)ベンチを見ることはなく、痛みの合図を送ってこなかった」と松坂の対応の悪さを非難した。

 今季の松坂はマイナー契約からメジャー昇格を勝ち取り、先発、中継ぎ、抑えと全ての役割をこなした。契約でメジャー定着が保証されていないからか、与えられた役割をこなすため、肘に痛みを抱えながら投げ続けたのが最悪の事態を招いたようだ。

 松坂は12年にトミー・ジョン手術を受けて今季、本格復帰したばかり。肘の違和感を正直に申告しなかった代償は高くつきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  4. 4

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  9. 9

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  10. 10

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

もっと見る