松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

楽しい軟式野球を「拷問」にした大会主催者に告ぐ!

公開日: 更新日:

 軟式野球しかやった経験がないから分かることもある。軟式野球は草野球の華である。わたくしなんぞ最近までいい年こいて、河川敷の公営グラウンドを使わせてもらうため、クジを引く当番までやったもんだ。

 揃いのユニホームを作り、今はやりの太ももぴっちり、上半身の肉の付き方が丸分かりの伸縮自在生地だと、下腹の出具合が小恥ずかしい限りであるので、わざわざダブダブの前時代的球児ユニホームを揃えて、勇躍早朝から河川敷グラウンドに、眠い目をこすりつつ出向いたもんだ。

 バットは自転車のフレームに器用に挟み込み、これがまたこぐときに股間から立ち上がる己が逸物を自慢するごときガニ股こぎで、エッサコラサと河川敷の坂を上るのである。

 朝一向に逸物が立ち上がらぬ年となるにつけ、自転車も坂の中途で押すぶざまとは成り果てたが、名遊撃手と自称して、まぐれにも三遊間の打球をバックハンドで捕球でもしようもんなら、高木守道ばりのジャンピングスローを試みるも、送球は5メートルにも達せず、敵味方のベンチからは失笑交じりの罵声が飛ぶ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  4. 4

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  7. 7

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る