広島戦初戦快勝で浮き彫り…巨人は「原采配ほぼゼロ」が最強

公開日:  更新日:

 巨人の「復帰組」が2日、2位広島との首位攻防戦を勝利に導いた。

 先月21日のヤクルト戦で右膝を痛めた長野久義(29)が「1番・右翼」で10試合ぶりにスタメン復帰。1点を先制された直後の初回、長野の右翼線への二塁打を皮切りに坂本の3ランであっさり逆転すると、1点差に迫られた二回2死二塁では自ら左前適時打を放ち、3安打1打点の活躍を見せた。

 左太ももの肉離れで先月8日に二軍落ちした亀井善行(32)も一軍復帰し、即「6番・左翼」でスタメン出場。四回に右越えへ一発を放った。

 ゲーム差を再び2に広げた原監督は「長野、亀井は久しぶりのスタメンだったが、いい仕事をした」と帰ってきた2人をねぎらった。DeNAに負け越した2日前の試合後、指揮官は「現有戦力でよく戦っている」と故障者続出の苦しい現状を吐露したばかり。長野が先発できなかった最近9試合は5勝4敗と、一進一退が続いていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る