広島と1ゲーム差首位攻防 巨人は地方でホーム戦の“痛恨”

公開日: 更新日:

 巨人が秋になっても地方を回る。2日から1ゲーム差の2位広島との首位攻防3連戦。巨人の主催試合だが、決戦の地は東京ドームではなく、長野、前橋、宇都宮だ。

 東京ドームの収容人数は約4万6000人。長野は3万人、前橋は2万人、宇都宮は3万人規模が入る球場とはいえ、ホームという感覚は希薄だ。「地方のファン開拓」という球団の方針は現場の選手にも浸透しているものの、勝負どころの9月に入ってからの地方行脚にはさすがにグチも出た。ある選手がこう言った。

「毎月一度は地方へ行くのは最近の流れだとみんな理解しています。でも、9月になってまだやるの? ってのはありますよ。しかも広島との首位攻防戦なのに……。東京ドームのホームアドバンテージが生かせないのは、そりゃ痛いですよ」

■広島のコーチも「巨人有利じゃない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  6. 6

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  7. 7

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

  8. 8

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  9. 9

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  10. 10

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

もっと見る