広島と1ゲーム差首位攻防 巨人は地方でホーム戦の“痛恨”

公開日: 更新日:

 巨人が秋になっても地方を回る。2日から1ゲーム差の2位広島との首位攻防3連戦。巨人の主催試合だが、決戦の地は東京ドームではなく、長野、前橋、宇都宮だ。

 東京ドームの収容人数は約4万6000人。長野は3万人、前橋は2万人、宇都宮は3万人規模が入る球場とはいえ、ホームという感覚は希薄だ。「地方のファン開拓」という球団の方針は現場の選手にも浸透しているものの、勝負どころの9月に入ってからの地方行脚にはさすがにグチも出た。ある選手がこう言った。

「毎月一度は地方へ行くのは最近の流れだとみんな理解しています。でも、9月になってまだやるの? ってのはありますよ。しかも広島との首位攻防戦なのに……。東京ドームのホームアドバンテージが生かせないのは、そりゃ痛いですよ」

■広島のコーチも「巨人有利じゃない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  10. 10

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る