首位陥落寸前…巨人の迷走招いた原監督“相談相手”の不在

公開日: 更新日:

 巨人が12日、2位阪神との首位攻防戦第1ラウンドに競り負け、その差は0・5ゲーム。きょう13日も敗れれば首位から陥落する。

 後半戦6勝11敗1分けはリーグ最下位。最近の巨人の失速ぶりに、「原監督のオヤジさんの死が密接に関係しているのではないか」(巨人OB)という指摘がある。「原監督のオヤジさん」とは5月29日、心不全のため死去した父親の原貢氏(東海大系列野球部顧問)のことだ。

 原監督は「お別れの会」で、貢氏を「父であり、師であり、私のファン」と言った。監督として「師」と仰ぎ、巨人の指揮を執るようになってからも、采配や選手起用などについてしばらくの間、助言を受けていたらしい。貢氏と近しい関係者が言う。

「チームが苦しい時、原監督はよく『オヤジだったらどうするか』と口にする。かつては貢さんから試合後に、打順や投手起用、采配などについて電話でアドバイスを受けたこともあったようです。原監督は09年のWBCで、日本代表監督として世界一になった。貢さんは『おまえはオレを超えた』と原監督をねぎらい、それからは以前のような助言も減ったと聞いていますが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  3. 3

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  4. 4

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  5. 5

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  6. 6

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  7. 7

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  8. 8

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  9. 9

    “ハマのドン”藤木幸夫氏が横浜市長選めぐる質問に謎の大放言!海外プレスもア然

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る