首位陥落寸前…巨人の迷走招いた原監督“相談相手”の不在

公開日:  更新日:

 巨人が12日、2位阪神との首位攻防戦第1ラウンドに競り負け、その差は0・5ゲーム。きょう13日も敗れれば首位から陥落する。

 後半戦6勝11敗1分けはリーグ最下位。最近の巨人の失速ぶりに、「原監督のオヤジさんの死が密接に関係しているのではないか」(巨人OB)という指摘がある。「原監督のオヤジさん」とは5月29日、心不全のため死去した父親の原貢氏(東海大系列野球部顧問)のことだ。

 原監督は「お別れの会」で、貢氏を「父であり、師であり、私のファン」と言った。監督として「師」と仰ぎ、巨人の指揮を執るようになってからも、采配や選手起用などについてしばらくの間、助言を受けていたらしい。貢氏と近しい関係者が言う。

「チームが苦しい時、原監督はよく『オヤジだったらどうするか』と口にする。かつては貢さんから試合後に、打順や投手起用、采配などについて電話でアドバイスを受けたこともあったようです。原監督は09年のWBCで、日本代表監督として世界一になった。貢さんは『おまえはオレを超えた』と原監督をねぎらい、それからは以前のような助言も減ったと聞いていますが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る