日ハム大谷4敗目 問題は打線の援護より8四球の“独り相撲”

公開日: 更新日:

 よくもまあ、2失点で収まったものだ。

 3日の楽天戦に先発した日本ハム大谷翔平(20)。7回2安打2失点9奪三振も援護に恵まれず、今季4敗目(10勝)――といえば聞こえはいい。問題は自身最多タイの8四球の独り相撲だ。

 大谷は投手と打者の二刀流。1人で2人分の仕事をこなすということは、裏を返せば誰かの仕事を奪っているということでもある。部活動の高校野球ならまだいいが、プロは給料をもらってナンボの世界。生活がかかっているだけに、仕事を奪われる方は死活問題だ。レギュラーはともかく、控え野手の中には大谷の二刀流を快く思っていない選手もいるだろう。

 投げて10勝、打って8本塁打。投打ともに特出した才能があるのは誰もが認めるところとはいえ、だから何をやっても許されるということにはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

  10. 10

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

もっと見る