日ハム大谷4敗目 問題は打線の援護より8四球の“独り相撲”

公開日: 更新日:

 よくもまあ、2失点で収まったものだ。

 3日の楽天戦に先発した日本ハムの大谷翔平(20)。7回2安打2失点9奪三振も援護に恵まれず、今季4敗目(10勝)――といえば聞こえはいい。問題は自身最多タイの8四球の独り相撲だ。

 大谷は投手と打者の二刀流。1人で2人分の仕事をこなすということは、裏を返せば誰かの仕事を奪っているということでもある。部活動の高校野球ならまだいいが、プロは給料をもらってナンボの世界。生活がかかっているだけに、仕事を奪われる方は死活問題だ。レギュラーはともかく、控え野手の中には大谷の二刀流を快く思っていない選手もいるだろう。

 投げて10勝、打って8本塁打。投打ともに特出した才能があるのは誰もが認めるところとはいえ、だから何をやっても許されるということにはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  4. 4

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  5. 5

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  6. 6

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  9. 9

    原監督が再び明言…来季こそ「岡本三塁」で辛抱できるか

  10. 10

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る