日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日ハム大谷4敗目 問題は打線の援護より8四球の“独り相撲”

 よくもまあ、2失点で収まったものだ。

 3日の楽天戦に先発した日本ハムの大谷翔平(20)。7回2安打2失点9奪三振も援護に恵まれず、今季4敗目(10勝)――といえば聞こえはいい。問題は自身最多タイの8四球の独り相撲だ。

 大谷は投手と打者の二刀流。1人で2人分の仕事をこなすということは、裏を返せば誰かの仕事を奪っているということでもある。部活動の高校野球ならまだいいが、プロは給料をもらってナンボの世界。生活がかかっているだけに、仕事を奪われる方は死活問題だ。レギュラーはともかく、控え野手の中には大谷の二刀流を快く思っていない選手もいるだろう。

 投げて10勝、打って8本塁打。投打ともに特出した才能があるのは誰もが認めるところとはいえ、だから何をやっても許されるということにはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事