巨人にM22 広島3連敗の元凶は野村監督の“金縛り采配”

公開日: 更新日:

 4日、首位巨人に優勝へのマジックナンバー「22」が点灯した。1ゲーム差に迫って迎えた首位攻防戦は、広島が拙攻に次ぐ拙攻で痛恨の3連敗。3位に転落し、自力優勝の可能性が消滅した。

 1戦目は16安打13残塁で4得点。2戦目は11安打13残塁で2得点。この日も9安打10残塁で0得点。対する巨人はこの日、わずか4安打で1得点。広島は3試合とも安打数で巨人を上回りながら、1勝もできなかった。

 若い選手がチームを引っ張る広島は、優勝争い初体験の重圧と闘っていた。あと1本が出ない。守備や走塁でミスを連発した。連敗を喫した前橋での前夜の試合後、広島の菊池はこう悔しがった。

「ずっと押してるから負けた気がしない。あとほんの少しなんですけど……。何かが絡めば変わってくるのに……」

 昨季まで巨人に一方的にやられた。それが、首位を争うまでにチーム力は上がった。菊池が言う巨人との「ほんの少し」の差を埋められるとすれば、野村謙二郎監督(47)の采配、選手起用ではないか。焦る選手の手綱を引き、「絡ませる」のが指揮官の仕事だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る