巨人にM22 広島3連敗の元凶は野村監督の“金縛り采配”

公開日: 更新日:

 4日、首位巨人に優勝へのマジックナンバー「22」が点灯した。1ゲーム差に迫って迎えた首位攻防戦は、広島が拙攻に次ぐ拙攻で痛恨の3連敗。3位に転落し、自力優勝の可能性が消滅した。

 1戦目は16安打13残塁で4得点。2戦目は11安打13残塁で2得点。この日も9安打10残塁で0得点。対する巨人はこの日、わずか4安打で1得点。広島は3試合とも安打数で巨人を上回りながら、1勝もできなかった。

 若い選手がチームを引っ張る広島は、優勝争い初体験の重圧と闘っていた。あと1本が出ない。守備や走塁でミスを連発した。連敗を喫した前橋での前夜の試合後、広島の菊池はこう悔しがった。

「ずっと押してるから負けた気がしない。あとほんの少しなんですけど……。何かが絡めば変わってくるのに……」

 昨季まで巨人に一方的にやられた。それが、首位を争うまでにチーム力は上がった。菊池が言う巨人との「ほんの少し」の差を埋められるとすれば、野村謙二郎監督(47)の采配、選手起用ではないか。焦る選手の手綱を引き、「絡ませる」のが指揮官の仕事だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも