巨人にM22 広島3連敗の元凶は野村監督の“金縛り采配”

公開日:  更新日:

 4日、首位巨人に優勝へのマジックナンバー「22」が点灯した。1ゲーム差に迫って迎えた首位攻防戦は、広島が拙攻に次ぐ拙攻で痛恨の3連敗。3位に転落し、自力優勝の可能性が消滅した。

 1戦目は16安打13残塁で4得点。2戦目は11安打13残塁で2得点。この日も9安打10残塁で0得点。対する巨人はこの日、わずか4安打で1得点。広島は3試合とも安打数で巨人を上回りながら、1勝もできなかった。

 若い選手がチームを引っ張る広島は、優勝争い初体験の重圧と闘っていた。あと1本が出ない。守備や走塁でミスを連発した。連敗を喫した前橋での前夜の試合後、広島の菊池はこう悔しがった。

「ずっと押してるから負けた気がしない。あとほんの少しなんですけど……。何かが絡めば変わってくるのに……」

 昨季まで巨人に一方的にやられた。それが、首位を争うまでにチーム力は上がった。菊池が言う巨人との「ほんの少し」の差を埋められるとすれば、野村謙二郎監督(47)の采配、選手起用ではないか。焦る選手の手綱を引き、「絡ませる」のが指揮官の仕事だからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る