ここ一番で勝てない広島…「得失点差」だけならリーグ首位

公開日: 更新日:

 広島は痛い1敗だった。28日のヤクルト戦。後半戦、初めてエースの前田が中5日で先発。最下位チームを3タテして勢いに乗りたいところだったが、そのエースが4回5失点の大誤算。0・5ゲーム差に迫っていた2位阪神は敗れたものの、2位浮上を逃した。

「ギアが入ったところで……」と、野村監督も言葉を詰まらせたように、今年の広島は大事な試合を落とすことが少なくない。

 今季の広島は、交流戦では9連敗を含む9勝15敗で最下位。この日先発したエースの前田が8月に1勝3敗と波に乗れず、リリーフとしてチームを支えてきた一岡が故障離脱している。とはいえ、波に乗れない理由はそれだけじゃない。1点差ゲームは11勝15敗と負け越しており、巨人の22勝13敗と比べても差は歴然。

 前田はこの日だけでなく、巨人と阪神には1勝3敗と勝ちきれない。この試合に勝てば勢いに乗れる、というところで痛い1敗を喫していることが、なかなか浮上できない原因だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  8. 8

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  9. 9

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る