ここ一番で勝てない広島…「得失点差」だけならリーグ首位

公開日:  更新日:

 広島は痛い1敗だった。28日のヤクルト戦。後半戦、初めてエースの前田が中5日で先発。最下位チームを3タテして勢いに乗りたいところだったが、そのエースが4回5失点の大誤算。0・5ゲーム差に迫っていた2位阪神は敗れたものの、2位浮上を逃した。

「ギアが入ったところで……」と、野村監督も言葉を詰まらせたように、今年の広島は大事な試合を落とすことが少なくない。

 今季の広島は、交流戦では9連敗を含む9勝15敗で最下位。この日先発したエースの前田が8月に1勝3敗と波に乗れず、リリーフとしてチームを支えてきた一岡が故障離脱している。とはいえ、波に乗れない理由はそれだけじゃない。1点差ゲームは11勝15敗と負け越しており、巨人の22勝13敗と比べても差は歴然。

 前田はこの日だけでなく、巨人と阪神には1勝3敗と勝ちきれない。この試合に勝てば勢いに乗れる、というところで痛い1敗を喫していることが、なかなか浮上できない原因だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る