ここ一番で勝てない広島…「得失点差」だけならリーグ首位

公開日:  更新日:

 広島は痛い1敗だった。28日のヤクルト戦。後半戦、初めてエースの前田が中5日で先発。最下位チームを3タテして勢いに乗りたいところだったが、そのエースが4回5失点の大誤算。0・5ゲーム差に迫っていた2位阪神は敗れたものの、2位浮上を逃した。

「ギアが入ったところで……」と、野村監督も言葉を詰まらせたように、今年の広島は大事な試合を落とすことが少なくない。

 今季の広島は、交流戦では9連敗を含む9勝15敗で最下位。この日先発したエースの前田が8月に1勝3敗と波に乗れず、リリーフとしてチームを支えてきた一岡が故障離脱している。とはいえ、波に乗れない理由はそれだけじゃない。1点差ゲームは11勝15敗と負け越しており、巨人の22勝13敗と比べても差は歴然。

 前田はこの日だけでなく、巨人と阪神には1勝3敗と勝ちきれない。この試合に勝てば勢いに乗れる、というところで痛い1敗を喫していることが、なかなか浮上できない原因だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る