ここ一番で勝てない広島…「得失点差」だけならリーグ首位

公開日: 更新日:

 広島は痛い1敗だった。28日のヤクルト戦。後半戦、初めてエースの前田が中5日で先発。最下位チームを3タテして勢いに乗りたいところだったが、そのエースが4回5失点の大誤算。0・5ゲーム差に迫っていた2位阪神は敗れたものの、2位浮上を逃した。

「ギアが入ったところで……」と、野村監督も言葉を詰まらせたように、今年の広島は大事な試合を落とすことが少なくない。

 今季の広島は、交流戦では9連敗を含む9勝15敗で最下位。この日先発したエースの前田が8月に1勝3敗と波に乗れず、リリーフとしてチームを支えてきた一岡が故障離脱している。とはいえ、波に乗れない理由はそれだけじゃない。1点差ゲームは11勝15敗と負け越しており、巨人の22勝13敗と比べても差は歴然。

 前田はこの日だけでなく、巨人と阪神には1勝3敗と勝ちきれない。この試合に勝てば勢いに乗れる、というところで痛い1敗を喫していることが、なかなか浮上できない原因だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  7. 7

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  8. 8

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  9. 9

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  10. 10

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る