DeNA捕手に助けられ辛勝も…阪神打線の“アブナイ兆候”

公開日: 更新日:

 劇的勝利も素直に喜んではいられない。2日のDeNA戦で敗色濃厚だった阪神は九回、中軸に連打が出ると、代打福留が歩かされ1死満塁。ここで今成のヒットで同点。二塁走者のマートンはアウトのタイミングだったが、DeNA捕手・黒羽根のブロックが甘く、うまく滑り込んでサヨナラのホームを踏んだ。

 阪神は昨年、8月下旬に敵地で首位巨人に3連敗。ゲーム差が8となり、甲子園に戻った後は10カード連続で勝ち越しがなく、巨人に12.5差の2位。夢をつないだCSも広島に連敗した。

 ある阪神OBが当時を振り返ってこう語る。

「わずかに残っていた闘争心さえ失ったのは、巨人に3連敗した直後の広島とDeNA戦の負け越しでした。広島戦はわずか3得点、DeNAとの3試合は初戦こそ10―1と大勝するも、あとの2試合は3-8、0-1と打線が振るわず負けた。しかも、勝ち星を計算していたメッセンジャーの投げた2試合(広島1戦目とDeNA3戦目)は完封負け。あれで完全に終わったという声を聞きました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  9. 9

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る