日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+
鈴木明子
著者のコラム一覧
鈴木明子プロスケーター、振付師

 1985年3月28日、愛知県生まれ。6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位。東北福祉大に進学後、一時、摂食障害を患い休養。04年に復帰。10年バンクーバー五輪初出場。13年全日本選手権初優勝。14年ソチ五輪出場。14年3月の世界選手権を最後に現役引退。以後はプロスケーターとして活躍。15年には本郷理華のショートプラグラムで振付師としてデビューした。

<第1回>全日本選手権の優勝は本当に奇跡でした

【連載】 鈴木明子 スケート人生「キス&クライ」

 はじめまして。鈴木明子です。今日から日刊ゲンダイで連載をさせてもらうことになりました。

 私は今年3月の世界選手権を最後に、22年間にわたった現役生活にピリオドを打ちましたが、フィギュアスケートを通して、いろいろな経験をさせてもらいました。このコラムではそんな私の経験を含め、これまでにあった出来事、交遊録やあまり皆さんに知られていないスケート界の舞台裏をご紹介していきたいと思います。

 まずは今年2月に行われたソチ五輪のお話から。

 五輪といえば、4年に1度、日本中のみなさんからメダル獲得を期待される大舞台です。体は自然と普通の大会では味わうことのできない独特な緊張感、重圧に襲われます。

 実際、私も10年のバンクーバー五輪(8位入賞)ではそんな雰囲気にのまれ、最後まで何が何だかわからないうちに終わってしまったほど。今でもバンクーバーの記憶は閉会式ぐらいしかありません(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事