虎党の麻生千晶氏が苦言 「阪神はお金の使い方を考え直して」

公開日: 更新日:

「ビックリするくらいの金額らしいですね」

 声を潜めてこう言うのは、あるプロ野球OB。阪神の助っ人マートン(32)、メッセンジャー(33)について、このOBはこう続けた。

「マートンは年俸3億5000万円プラス出来高、メッセンジャーは2億5000万円プラス出来高。この出来高がかなり分厚いらしい。マートンは打率、安打数、打点等、メッセンジャーは勝利数、イニング、奪三振……。2人の今季の成績ならほぼ満額の出来高を得られるはず。出来高抜きでも2人で計6億円、資金力のある阪神だけに出来高を入れたら2人で8億円、いや10億円に達するという話もある」

 マートンは今季、打率.337、14本塁打、77打点。打率はリーグトップで首位打者も射程圏内。メッセは12勝9敗、防御率3.28。189回3分の1、212奪三振はリーグ断トツで、最多勝、最多奪三振のタイトルを獲得する勢いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  6. 6

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  7. 7

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  8. 8

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  9. 9

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

  10. 10

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る