虎党の麻生千晶氏が苦言 「阪神はお金の使い方を考え直して」

公開日: 更新日:

「ビックリするくらいの金額らしいですね」

 声を潜めてこう言うのは、あるプロ野球OB。阪神の助っ人マートン(32)、メッセンジャー(33)について、このOBはこう続けた。

「マートンは年俸3億5000万円プラス出来高、メッセンジャーは2億5000万円プラス出来高。この出来高がかなり分厚いらしい。マートンは打率、安打数、打点等、メッセンジャーは勝利数、イニング、奪三振……。2人の今季の成績ならほぼ満額の出来高を得られるはず。出来高抜きでも2人で計6億円、資金力のある阪神だけに出来高を入れたら2人で8億円、いや10億円に達するという話もある」

 マートンは今季、打率.337、14本塁打、77打点。打率はリーグトップで首位打者も射程圏内。メッセは12勝9敗、防御率3.28。189回3分の1、212奪三振はリーグ断トツで、最多勝、最多奪三振のタイトルを獲得する勢いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る