虎党の麻生千晶氏が苦言 「阪神はお金の使い方を考え直して」

公開日: 更新日:

「ビックリするくらいの金額らしいですね」

 声を潜めてこう言うのは、あるプロ野球OB。阪神の助っ人マートン(32)、メッセンジャー(33)について、このOBはこう続けた。

「マートンは年俸3億5000万円プラス出来高、メッセンジャーは2億5000万円プラス出来高。この出来高がかなり分厚いらしい。マートンは打率、安打数、打点等、メッセンジャーは勝利数、イニング、奪三振……。2人の今季の成績ならほぼ満額の出来高を得られるはず。出来高抜きでも2人で計6億円、資金力のある阪神だけに出来高を入れたら2人で8億円、いや10億円に達するという話もある」

 マートンは今季、打率.337、14本塁打、77打点。打率はリーグトップで首位打者も射程圏内。メッセは12勝9敗、防御率3.28。189回3分の1、212奪三振はリーグ断トツで、最多勝、最多奪三振のタイトルを獲得する勢いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る