オールジャパンHCが語る「15年ラグビーW杯8強プラン」

公開日: 更新日:

 ラグビーの日本代表が飛躍的な進歩を遂げている。昨年6月のテストマッチでウェールズ相手に史上初の勝利を挙げると、今年はサモア、カナダ、アメリカと相次いで撃破。6月21日にはイタリアを破り、現在はテストマッチ10連勝中である。国際ラグビー評議会(IRB)が6月23日に発表した世界ランキングでは史上最高位の10位に入った。そのオールジャパンを率いるのがヘッドコーチ(HC)のエディー・ジョーンズ氏(54)だ。

 これまで母国豪州代表HC、南アフリカ代表アドバイザーなど強豪国の指導者を歴任したジョーンズHCに、15年W杯、さらには日本で開催される19年W杯へ向けてのオールジャパン強化策を聞いた。

――初めて日本のラグビーを見た際の印象はいかがでしたか?

「日本で最初に指導したのは96年のことでした。東海大学で1年間、コーチを務めましたが、日本人選手はポテンシャルは高かったが、それがうまく引き出されていなかった。母国の豪州代表HC、南アフリカ代表テクニカルアドバイザーを務めましたが、もう一度、日本で指導したいと思っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  7. 7

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  8. 8

    テーマは“安倍首相の嘘” 望月衣塑子記者がトークショー

  9. 9

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  10. 10

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る