オールジャパンHCが語る「15年ラグビーW杯8強プラン」

公開日:  更新日:

 ラグビーの日本代表が飛躍的な進歩を遂げている。昨年6月のテストマッチでウェールズ相手に史上初の勝利を挙げると、今年はサモア、カナダ、アメリカと相次いで撃破。6月21日にはイタリアを破り、現在はテストマッチ10連勝中である。国際ラグビー評議会(IRB)が6月23日に発表した世界ランキングでは史上最高位の10位に入った。そのオールジャパンを率いるのがヘッドコーチ(HC)のエディー・ジョーンズ氏(54)だ。

 これまで母国豪州代表HC、南アフリカ代表アドバイザーなど強豪国の指導者を歴任したジョーンズHCに、15年W杯、さらには日本で開催される19年W杯へ向けてのオールジャパン強化策を聞いた。

――初めて日本のラグビーを見た際の印象はいかがでしたか?

「日本で最初に指導したのは96年のことでした。東海大学で1年間、コーチを務めましたが、日本人選手はポテンシャルは高かったが、それがうまく引き出されていなかった。母国の豪州代表HC、南アフリカ代表テクニカルアドバイザーを務めましたが、もう一度、日本で指導したいと思っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る