超高校級スラッガー「大田以上中田以下」智弁・岡本の大物感

公開日: 更新日:

 奈良大会決勝で智弁学園が天理との常連校対決を制し、3年ぶり17度目の夏の甲子園出場を決めた。

 5-0の五回無死一塁から主砲の岡本和真(3年)が左翼場外へ高校通算73号となる2ランを放ち、プロのスカウトの度肝を抜いた。セのあるスカウトは「現段階の評価は、高校時代の大田より上、中田より下といったところ。超高校級スラッガーなのは間違いありません」と言う。

 日本ハム中田翔(25)は大阪桐蔭時代に通算87本塁打、巨人大田泰示(24)は東海大相模で65発。どちらもドラフト1位で複数球団が競合したが、その後は対照的だ。

 中田は球界を代表する主砲に成長。一方の大田は伸び悩み、いまだに二軍生活が続いている。

 済美の安楽、前橋育英の高橋など、ドラフト1位候補が地方大会で軒並み姿を消す中、センバツで1試合2発を放った“怪物”が、大田ではなく、中田になるべく、甲子園に殴り込みをかける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る