超高校級スラッガー「大田以上中田以下」智弁・岡本の大物感

公開日:  更新日:

 奈良大会決勝で智弁学園が天理との常連校対決を制し、3年ぶり17度目の夏の甲子園出場を決めた。

 5-0の五回無死一塁から主砲の岡本和真(3年)が左翼場外へ高校通算73号となる2ランを放ち、プロのスカウトの度肝を抜いた。セのあるスカウトは「現段階の評価は、高校時代の大田より上、中田より下といったところ。超高校級スラッガーなのは間違いありません」と言う。

 日本ハムの中田翔(25)は大阪桐蔭時代に通算87本塁打、巨人の大田泰示(24)は東海大相模で65発。どちらもドラフト1位で複数球団が競合したが、その後は対照的だ。

 中田は球界を代表する主砲に成長。一方の大田は伸び悩み、いまだに二軍生活が続いている。

 済美の安楽、前橋育英の高橋など、ドラフト1位候補が地方大会で軒並み姿を消す中、センバツで1試合2発を放った“怪物”が、大田ではなく、中田になるべく、甲子園に殴り込みをかける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  9. 9

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る