超高校級スラッガー「大田以上中田以下」智弁・岡本の大物感

公開日:  更新日:

 奈良大会決勝で智弁学園が天理との常連校対決を制し、3年ぶり17度目の夏の甲子園出場を決めた。

 5-0の五回無死一塁から主砲の岡本和真(3年)が左翼場外へ高校通算73号となる2ランを放ち、プロのスカウトの度肝を抜いた。セのあるスカウトは「現段階の評価は、高校時代の大田より上、中田より下といったところ。超高校級スラッガーなのは間違いありません」と言う。

 日本ハムの中田翔(25)は大阪桐蔭時代に通算87本塁打、巨人の大田泰示(24)は東海大相模で65発。どちらもドラフト1位で複数球団が競合したが、その後は対照的だ。

 中田は球界を代表する主砲に成長。一方の大田は伸び悩み、いまだに二軍生活が続いている。

 済美の安楽、前橋育英の高橋など、ドラフト1位候補が地方大会で軒並み姿を消す中、センバツで1試合2発を放った“怪物”が、大田ではなく、中田になるべく、甲子園に殴り込みをかける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る