オリ金子獲り参戦の阪神 説得材料は「虎カラー」の黄色のみ

公開日: 更新日:

 このオフ、オリックスの金子千尋(30)の獲得に乗り出す阪神は一説には20億円のカネを用意しているといわれる。

 現在、投手3冠(勝利数、防御率、奪三振)を独占し、ここ7シーズンで6度の2ケタ勝利を挙げている右腕は、8月に国内FA権を取得。オフには移籍濃厚とウワサされているため、複数の球団が水面下で火花を散らしている。そこに現在、リーグ3位に甘んじている阪神も「資金力」と、オリックスと同じ「関西のチーム」という地の利を武器にその争奪戦に加わろうというのだが、現時点で阪神が金子のハートを口説ける材料は乏しい。

 金子は普段から物静かで、大のメディア嫌い。常に大勢の報道陣が選手に付きまとう阪神は本人の意中球団ではないといわれる。加えて、現在、オリックスに所属しているとはいえ、本人は新潟生まれの長野育ち。プロになるまで関西とは縁もゆかりもなかった。どちらかというと関東志向が強いのだから、阪神が「生活環境が変わらない」と「関西」をウリにしたところで決め手にはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る