“パのエース”オリ金子 それでも球団の本音は「移籍大歓迎」

公開日:  更新日:

 涼しい顔でスコアボードにゼロを並べた。

 27日のロッテ戦に先発したオリックスの金子千尋(30)が7回1安打無失点の好投。田中がヤンキースに移籍した今、改めてパのエースであることを証明した。

 順調なら今季終盤に国内FA権を取得。オフの去就に注目が集まっており、瀬戸山球団本部長は「絶対に流出させてはいけない選手」と話すものの、むしろ放出したいというのが本音だろう。

■高給取りをどんどん放出

 瀬戸山本部長といえば11年までロッテの球団代表を務め、球団の赤字額を最大の40億円から20億円まで減らした人物だ。10年オフには年俸1億7000万円の西岡(現阪神)をポスティングでツインズに移籍させ、11年シーズン途中には1億3000万円のサブローを巨人に金銭プラス選手でトレードに出した。主力や功労者でも構わず放出し、あの手この手でコストカットに努めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る