B・ルースに並んだ日ハム大谷 「20勝&20本」の可能性は?

公開日:  更新日:

 日本ハムの二刀流、大谷翔平(20)が、とうとうやってのけた。7日のオリックス戦、四回に先発の吉田一から10号本塁打。高めの直球をフルスイングすると、打球は弾丸ライナーでバックスクリーンに突き刺さった。

 これで大谷は投手としては10勝(4敗)、防御率2・46。打者として54安打、31打点、10本塁打、打率・283。同一シーズン中に2ケタ勝利と2ケタ本塁打を達成したのは日本球界では大谷が初。メジャーでも1918年に13勝、11本塁打を記録したあのベーブ・ルース(当時レッドソックス)ただひとりだ。

 二刀流への反対意見をものともせず、不可能といわれていた10勝10本を現実のものとした大谷。どこまで投打で結果を残せるのか。20勝、20本は可能なのか。

■可能性が高いのは「20勝」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る