日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

B・ルースに並んだ日ハム大谷 「20勝&20本」の可能性は?

 日本ハムの二刀流、大谷翔平(20)が、とうとうやってのけた。7日のオリックス戦、四回に先発の吉田一から10号本塁打。高めの直球をフルスイングすると、打球は弾丸ライナーでバックスクリーンに突き刺さった。

 これで大谷は投手としては10勝(4敗)、防御率2・46。打者として54安打、31打点、10本塁打、打率・283。同一シーズン中に2ケタ勝利と2ケタ本塁打を達成したのは日本球界では大谷が初。メジャーでも1918年に13勝、11本塁打を記録したあのベーブ・ルース(当時レッドソックス)ただひとりだ。

 二刀流への反対意見をものともせず、不可能といわれていた10勝10本を現実のものとした大谷。どこまで投打で結果を残せるのか。20勝、20本は可能なのか。

■可能性が高いのは「20勝」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事