楽天「デーブ監督」近日中に発表も 周囲が不安がる“悪いクセ”

公開日:  更新日:

 任期を2年残して辞任した楽天の星野監督(67)。昨季の日本一からBクラスに転落し、健康にも不安があった。ここで身を引くのは正解だが、気になるのが次期監督に内定したといわれる大久保博元・二軍監督(47)の手腕だ。

 というのも、球界には大久保二軍監督は「トップよりナンバー2向き」という声がある。08年は西武一軍打撃コーチに就任し、渡辺監督の右腕として日本一に貢献。若手にはアーリーワークという名の早出特打ちを義務化させ、打線の向上に一役買った。さらにデータ収集と分析を重視し、選手に狙い球を指示するなど打撃コーチとしては優秀だ。

 当時、渡辺監督は選手を怒らない「寛容力」が信頼を集めていたが、これは大久保コーチが憎まれ役を務めていたからできたこと。大久保コーチが自身の不祥事で編成部に異動した2年目からは監督自ら叱責するようになり、これには選手も「何が寛容力だ」とソッポを向いてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る