楽天「デーブ監督」近日中に発表も 周囲が不安がる“悪いクセ”

公開日: 更新日:

 任期を2年残して辞任した楽天の星野監督(67)。昨季の日本一からBクラスに転落し、健康にも不安があった。ここで身を引くのは正解だが、気になるのが次期監督に内定したといわれる大久保博元・二軍監督(47)の手腕だ。

 というのも、球界には大久保二軍監督は「トップよりナンバー2向き」という声がある。08年は西武一軍打撃コーチに就任し、渡辺監督の右腕として日本一に貢献。若手にはアーリーワークという名の早出特打ちを義務化させ、打線の向上に一役買った。さらにデータ収集と分析を重視し、選手に狙い球を指示するなど打撃コーチとしては優秀だ。

 当時、渡辺監督は選手を怒らない「寛容力」が信頼を集めていたが、これは大久保コーチが憎まれ役を務めていたからできたこと。大久保コーチが自身の不祥事で編成部に異動した2年目からは監督自ら叱責するようになり、これには選手も「何が寛容力だ」とソッポを向いてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る