楽天「デーブ監督」近日中に発表も 周囲が不安がる“悪いクセ”

公開日:  更新日:

 任期を2年残して辞任した楽天の星野監督(67)。昨季の日本一からBクラスに転落し、健康にも不安があった。ここで身を引くのは正解だが、気になるのが次期監督に内定したといわれる大久保博元・二軍監督(47)の手腕だ。

 というのも、球界には大久保二軍監督は「トップよりナンバー2向き」という声がある。08年は西武一軍打撃コーチに就任し、渡辺監督の右腕として日本一に貢献。若手にはアーリーワークという名の早出特打ちを義務化させ、打線の向上に一役買った。さらにデータ収集と分析を重視し、選手に狙い球を指示するなど打撃コーチとしては優秀だ。

 当時、渡辺監督は選手を怒らない「寛容力」が信頼を集めていたが、これは大久保コーチが憎まれ役を務めていたからできたこと。大久保コーチが自身の不祥事で編成部に異動した2年目からは監督自ら叱責するようになり、これには選手も「何が寛容力だ」とソッポを向いてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る