星野監督の退任も? デーブ大久保「代行の代行」昇格の意図

公開日:  更新日:

 2日、大久保博元二軍監督(47)が一軍に昇格し、監督代行を務めることを発表した楽天。決定したのは、1日のオリックス戦に敗れた後の深夜0時過ぎというから、急転直下の人事だった。

「チーム統括本部長は、オリックスに9戦9敗となったことが一因とし、<現状を変えられるのは大久保さんしかいない。球団社長と話し合って決めた>と説明したが、球団関係者はみな<鶴の一声>と口を揃えていた。そう、三木谷オーナーのトップダウンというのが真相です」(担当記者)

 楽天は、黄色靱帯骨化症という難病に侵された星野監督(67)が休養。5月26日から佐藤投手コーチ(59)が監督代行を務めていたが、9勝14敗と負けが込んでいた。前日1日のオリックス戦は三回までに4-0とリードしながら、逆転負けをくらってこのカード9連敗。これに、三木谷オーナーの我慢が限界に達したのだろう。サッカーのヴィッセル神戸で1年半の間に5人の監督のクビをすげ替えた短気なオーナーのことである。<佐藤を大久保に代えろ! 代行の代行だ!>となったのは、さもありなん、だが、面白くないのは星野監督ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る