星野監督の退任も? デーブ大久保「代行の代行」昇格の意図

公開日: 更新日:

 2日、大久保博元二軍監督(47)が一軍に昇格し、監督代行を務めることを発表した楽天。決定したのは、1日のオリックス戦に敗れた後の深夜0時過ぎというから、急転直下の人事だった。

「チーム統括本部長は、オリックスに9戦9敗となったことが一因とし、<現状を変えられるのは大久保さんしかいない。球団社長と話し合って決めた>と説明したが、球団関係者はみな<鶴の一声>と口を揃えていた。そう、三木谷オーナーのトップダウンというのが真相です」(担当記者)

 楽天は、黄色靱帯骨化症という難病に侵された星野監督(67)が休養。5月26日から佐藤投手コーチ(59)が監督代行を務めていたが、9勝14敗と負けが込んでいた。前日1日のオリックス戦は三回までに4-0とリードしながら、逆転負けをくらってこのカード9連敗。これに、三木谷オーナーの我慢が限界に達したのだろう。サッカーのヴィッセル神戸で1年半の間に5人の監督のクビをすげ替えた短気なオーナーのことである。<佐藤を大久保に代えろ! 代行の代行だ!>となったのは、さもありなん、だが、面白くないのは星野監督ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  2. 2

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

もっと見る