地区S優勝のカージナルス 好リード冴えるモリーナが牽引

公開日: 更新日:

 今やナ・リーグの強豪に位置付けられるのがカージナルスだ。今季は出遅れながら、中盤以降は安定して勝ち星を積み重ね、4年連続ポストシーズン進出。ナ・リーグ地区シリーズではドジャースを3勝1敗で下し、リーグ優勝決定戦へ進んだ。

 指揮を執った16年間でワールドシリーズを2度制するなど、黄金時代を築いたトニー・ラルーサ前監督が世界一になった11年を最後に勇退。マイク・マシーニー監督に代わってからもプレーオフに出続けている。

 敏腕GMとして知られたウォルト・ジョケッティGM(現レッズGM)が去った07年以降も、黄金期と比べて見劣りしない成績を維持している。

 今季開幕時の年俸総額1億802万ドル(約116億6700万円)は30球団中13位。資金力が潤沢とはいえないカージナルスが、それでも毎年のようにポストシーズンに顔を出すのはなぜなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  7. 7

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

もっと見る